フィリピンの「セブ英語留学」がスパルタでも人気な理由とは?

「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ圏は遠いし「そんなに時間が取れない」という人も多いでしょう。そんな人たちに向けてフィリピンへの留学をオススメしているのが、安藤美冬さんの著書『ビジネスパーソンのための セブ英語留学』。

「学食住」すべて込みで、一ヶ月15万円から始められる「短期間の英語学習法」を、ぜひ参考にしてみては?

01.
セブ英語留学のキーワードは
「韓国」?

「セブ留学」のキーワードに、なぜ「韓国」が登場するのか?それは、フィリピン人の英語力に目をつけ、語学研修施設をいち早くつくったのが、韓国人だからです。

英語が公用語で、韓国から近く、人件費が安いという特徴もあるフィリピン。英語ネイティブ圏に留学するよりもはるかに安い価格で英語を学べるため、2000年以降、各地に韓国資本の語学学校が設立されました。留学ブームとなった2006〜2007年には、年間10万人を超えるほどの留学生が訪れたそうです。

そのため、今でこそ学生の国籍比率は日本、台湾、タイ、中国、ロシア、イランとバリエーション豊かですが、当時は韓国人の比率が圧倒的に高かったといいます。

また、学校も「韓国流」が多いといわれています。その特徴の代表格は「スパルタ式カリキュラム」「全寮制」という2つの仕組み。現在では、韓国資本にかかわらず、フィリピンの多くの語学学校でこの2つの仕組みが採用されていて、短期間で集中して学べる環境が整っているのです。

02.
朝から晩まで「英語漬け」の
スパルタ式カリキュラム

フィリピンの語学学校には、朝から晩まで「英語漬け」になれる「スパルタコース」があります。

通常のコースが「1日8コマ」だとすると、スパルタコースは「1日10コマ」。たいていの学校では1コマ50分で授業の合間に休憩時間が10分なので、次から次へと英語のインプット&アウトプットがつづきます。

さらに、朝6時に起床して、毎朝、朝食前に早朝テスト、そして授業後は基本的に外出禁止。多少は自由になれる週末にも、門限が定められているほどのストイックさ。慣れるまではかなりきついかもしれませんが、英語力は確実に伸びると評判です。

「スパルタコース」向きなのは、1〜2週間など留学期間が短く、緊急で英語力を要する人。とくにまわりに流されやすい性格の人は、誘惑の多いセブで自由時間を過ごすと勉強どころではなくなる可能性も…。厳しいカリキュラムをやり切ったほうが達成感も得られるので、本気の人には「スパルタコース」がオススメです。

03.
ホームステイではなく
「全寮制」

フィリピンでは、ほとんどの学校で「全寮制」を採用しているため、留学生は、学校に併設された、あるいは近くにある学生寮に滞在しながら英語を勉強することになります。1日3食が提供される「食堂」や「売店」、学校によっては「カフェ」「マッサージ」「スポーツジム」「ミニシアター」などの施設が揃っていることも。

多くの場合「食堂」のごはんは学費に含まれていて、フィリピン料理から日本料理、韓国料理、その他洋食までメニューはさまざま。最近では、自家製パンやスムージーを提供したり、日本人を雇って味にこだわったりと、各学校でいろんな工夫が凝らされています。

また、部屋のタイプは1人部屋から6〜8人用の大部屋まで、収容人数によって宿泊費は変わります。プライベート空間を確保できる1人部屋は、宿泊費が高めでもかなりの人気。部屋数も少なく早い者勝ちなので、早めの予約が必要です。大部屋は他の留学生と交流ができるので、授業後も「英語漬け」になりたい人にはオススメです。

プライバシー重視の傾向が強いビジネスパーソンが増えてきたこともあり、「ホテル通学」というプランもあるので、比較的予算に余裕がある人は、そちらを利用してもいいかもしれません。

関連する記事

大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
仙台育英学園高等学校(宮城県)が、同校の「英進進学コース」の生徒数名を対象に、「対人VR英会話サービス」の試験的導入を開始。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。