失敗上等!外国語を覚えるにはどんどん「間違える」べき5つの理由

失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初のうちに何度も失敗して、その分早く成長したほうがいいと思いませんか?

5ヶ国語を使いこなすジェレミー・ギンズバークさんは、外国語の習得支援サイト「FLUENT iN 3 MONTH」のなかで、積極的に失敗を経験すべき理由を挙げています。

01.
失敗は自分の間違いを
正すチャンス

「失敗したら恥ずかしい」という気持ちは、誰にでもあります。しかし恐れたままでは、自分が間違っていることすら分からないままです。逆に、失敗すればするほど、間違えて覚えていたことを直すことができます。

とくに会話でのコミュニケーションは、読み書きで身につけた知識が本当に正しいのかどうかをチェックするチャンス。積極的に間違えを経験して、どんどん上達していきましょう。

02.
間違ったことは
鮮明に記憶に残る

敬語、漢字、言葉の使い方…。自分の母語である日本語でさえ間違えることはありますよね。とくに恥をかいた思い出は、鮮明に覚えているはずです。間違った経験は知識となり、かけがえのない財産になるのです。

03.
単語や文法は
失敗してみないとわからない

外国語の習得は、例えて言うなら「道具箱」のようなもの。そのなかには、さまざまな道具が入っています。なんとなく使い方は知っている、でも正しく使うためにはいろいろなコツが必要ですよね。「あれじゃない、これじゃない」と失敗しながらコツを掴んだ道具だけが、本当に使いこなせるものになるのです。

単語や文法は、外国語を話すための便利な道具です。失敗しながら使いこなす術を学びましょう。

04.
失敗に慣れれば
緊張知らずに

不慣れな言葉を使うのは緊張するもの。しかも旅行で訪れた外国で、知らない人と話すとなればなおさらです。しどろもどろで、何を話したか覚えていない…、なんてこともあるかもしれません。

でも、ちょっと会話がうまくいかなかったからといって、なにか致命的な問題が起きることは滅多にありません。少し気まずくなる、たったそれだけです。それも、何度が繰り返すうちに慣れてきます。

あなたの周りにいる外国語を上手に話すあの人だって、きっと同じ経験をくぐり抜けてきたのです。

05.
思いがけない
失敗は楽しい!

道を間違えて、全然違うところに辿りついてしまった。そんな経験はないでしょうか。そのとき、不安な気持ちと一緒に、どこか非日常に紛れ込んでしまったようなワクワクも感じませんでしたか?

成功とは、自分が思っている通りの結果が出ることです。一方で失敗は、予想外だからこそ全く新しい景色を見せてくれます。昔の自分の失敗だって、いま思い出すと笑ってしまうようなものばかりですよね。

失敗も、外国語を学ぶ醍醐味です。母語ではできないような面白い経験をたくさん積めるのですから。失敗を楽しみながら、繰り返し挑戦してみましょう。

Licensed material used with permission by FLUENT iN 3 MONTHS
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようにな...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...