失敗上等!外国語を覚えるにはどんどん「間違える」べき5つの理由

失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初のうちに何度も失敗して、その分早く成長したほうがいいと思いませんか?

5ヶ国語を使いこなすジェレミー・ギンズバークさんは、外国語の習得支援サイト「FLUENT iN 3 MONTH」のなかで、積極的に失敗を経験すべき理由を挙げています。

01.
失敗は自分の間違いを
正すチャンス

「失敗したら恥ずかしい」という気持ちは、誰にでもあります。しかし恐れたままでは、自分が間違っていることすら分からないままです。逆に、失敗すればするほど、間違えて覚えていたことを直すことができます。

とくに会話でのコミュニケーションは、読み書きで身につけた知識が本当に正しいのかどうかをチェックするチャンス。積極的に間違えを経験して、どんどん上達していきましょう。

02.
間違ったことは
鮮明に記憶に残る

敬語、漢字、言葉の使い方…。自分の母語である日本語でさえ間違えることはありますよね。とくに恥をかいた思い出は、鮮明に覚えているはずです。間違った経験は知識となり、かけがえのない財産になるのです。

03.
単語や文法は
失敗してみないとわからない

外国語の習得は、例えて言うなら「道具箱」のようなもの。そのなかには、さまざまな道具が入っています。なんとなく使い方は知っている、でも正しく使うためにはいろいろなコツが必要ですよね。「あれじゃない、これじゃない」と失敗しながらコツを掴んだ道具だけが、本当に使いこなせるものになるのです。

単語や文法は、外国語を話すための便利な道具です。失敗しながら使いこなす術を学びましょう。

04.
失敗に慣れれば
緊張知らずに

不慣れな言葉を使うのは緊張するもの。しかも旅行で訪れた外国で、知らない人と話すとなればなおさらです。しどろもどろで、何を話したか覚えていない…、なんてこともあるかもしれません。

でも、ちょっと会話がうまくいかなかったからといって、なにか致命的な問題が起きることは滅多にありません。少し気まずくなる、たったそれだけです。それも、何度が繰り返すうちに慣れてきます。

あなたの周りにいる外国語を上手に話すあの人だって、きっと同じ経験をくぐり抜けてきたのです。

05.
思いがけない
失敗は楽しい!

道を間違えて、全然違うところに辿りついてしまった。そんな経験はないでしょうか。そのとき、不安な気持ちと一緒に、どこか非日常に紛れ込んでしまったようなワクワクも感じませんでしたか?

成功とは、自分が思っている通りの結果が出ることです。一方で失敗は、予想外だからこそ全く新しい景色を見せてくれます。昔の自分の失敗だって、いま思い出すと笑ってしまうようなものばかりですよね。

失敗も、外国語を学ぶ醍醐味です。母語ではできないような面白い経験をたくさん積めるのですから。失敗を楽しみながら、繰り返し挑戦してみましょう。

Licensed material used with permission by FLUENT iN 3 MONTHS

関連する記事

子どものときにやっておかないと難しいとされていた、外国語の聞き分け。研究によると、脳に電気刺激を流すことで13%も聞き分け能力が向上したとのこと。
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようにな...
世界から脚光を浴びる韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、先月から韓国語学習コンテンツ「Learn! KOREAN with B...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...