キモいよ「外国人だけが好きな人=外専」――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

今回は恋愛についてです!以前、マッチングアプリについて書いたけど、今回は恋愛です。

外国人っていうだけで、よく「モテるでしょ?」とか言われるけど、そうかな?日本語ができるだけでは、なかなか難しいこともあります。デーティング・カルチャーも国によって結構違います。まあ、それはいいです。ただのカルチャーギャップだから。

それよりも僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。

はっきり言って、この言葉は嫌いです。キモいと思います。

六本木で声をかけてきた女性にガッカリしました

これは少し前の話ですが、同じようなことは日本で暮らしているとよくあります。

僕は友達と一緒に六本木のクラブに行きました。いろいろな人とダンスしたり、飲んだり、しゃべったり、まあ一般的な六本木のナイトアウトですね。そのなかで、一人の女性が話しかけてくれました。

「私、元カレがフランス人なの!」

えっ?意味がわかりませんでした。僕のことをフランス人だと勘違いしたのかと思ったけど、そうじゃない。いきなり元カレの国籍を言われても……。

「外人が好きよ」

ああ、そういうことか。人によっては喜ぶのかもしれませんが、僕はガッカリしました。彼女は僕に興味があるんじゃなくて、外国人全般に興味があるんです。恋愛対象として。

僕はベンジャミン・ロジャースです。外国人というアイデンティティはありません。イギリス人、アイルランド人(母親がアイルランド出身だから)という自覚ならあるかもしれない。彼女の言う「外人が好きよ」は「外国人はみんな同じ」と「ビジュアル的に外国人が好き」という意味ですよね。もしかすると、白人という人種が大事だとおもったかもしれません。

彼女のような人は結構たくさんいます。彼女のような人のことを外専といいます。フェアにいきましょう。日本人のなかに外専がいるように、日本にやって来る外国人のなかには「アジア専」の人もいます。そういう人同士が出会うのはいいんですが、僕はそのコミュニティに入りたくない。

外国人専門もアジア人専門も人種フェティシズムですよ。

一度でも外国人と付き合ったら「外専」になる!?

「外専」の被害にあっているのは、僕のような外国人だけではありません。外国人と付き合ったことのある人も被害にあっています。なぜか一回でも外国人と付き合った日本人は外専のレッテルを貼られてしまうんです。

実際に僕の周囲には、外国人と付き合った経験のある日本人が何人かいますが、彼ら彼女らは外国人と別れた後、日本人と付き合うと周囲からこう言われるそうです。

「意外、外専かと思ってたのに!」

変な考え方だと思いませんか?僕の友人たちは、たまたま外国人と出会って恋愛をしただけです。だからといって、次の恋愛も外国人とは限りません。デートする時に国籍や人種を気にするんでしょうか?

僕はアジア専じゃない

僕は最近、日本女性とデートする機会が多い。その話をすると「ああ、ベンはアジア専なんだね」「イギリス人より日本人が好きなの?」とか言われることがあります。

違います。僕は日本語が話せる、日本に住んでいる。自然と日本人女性と出会う機会が多い。それだけです。イギリスに住んでいた頃は違ったし、他の国でも同じです。

本当に外専とかアジア専とかキモいと思います。

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。