イギリスの食事は不味くないよ!――ベンのトピックス

僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎回驚かされます。

なにも僕はイギリス料理が世界で一番美味しいとは思っていません。だけど、僕はこれまでに行った国や都市で、もっともっと不味い料理を出されたことが何度もあります。

だから、今回は僕はイギリスの朝食を紹介したいと思います。まったく高級なものではありません。本当に僕がロンドンにいる間、日常的に食べているメニューです。この記事で僕はイギリスの食へのポジティブなイメージを持ってもらいたい!

「イングリッシュ・ブレックファースト」
このメニューは、食材選びが大事です

イングリッシュ・ブレックファーストはイギリス国外でもよく知られたメニューです。

一般的にソーセージ、ベーコン、マッシュルーム、卵、トースト、ハインツのベイクドビーンズ(トマトソースで煮た白インゲン豆)、そしてブラックプディング(豚の血のソーセージ)が盛られています。僕はこのメニューが好きで、自宅で作る時にはできるかぎり新鮮な食材を使って作ることにしています。

まずはソーセージ。日本のスーパーやお肉屋さんに比べて、イギリスでは種類が豊富です。どれもさまざまなスパイスが使われていて、とても美味しい。
 
次にベーコンです。イギリスのオーガニック豚は世界屈指の美味しさで、ベーコン用の特別な品種が育てられています。その味は推して知るべしです。

日本と同様にイギリスにもいろんな種類のマッシュルーム(編注:英語ではきのこ全般をマッシュルームと言います)がありますが、僕は大ぶりのポートベロマッシュルームを使います。これをグリルで焼くと、香り高い風味が味わえます。

そして、新鮮な卵を買うことも忘れてはいけません!ソーセージやベーコンと一緒に焼くフライドエッグは卵の質が重要です。

ブラックプディングは日本ではなかなか見かけませんね。クセがあるしょっぱい味は一度ハマるとやめられません。

温めたベイクドビーンズを敷いたお皿にこれらを盛り付ければ、イングリッシュ・ブレックファーストの完成です。

調理方法としてはシンプルなだけに、食材選びが大事。だから自分で作ったり、いいレストランで食べないと、ただいろいろと組み合わせただけ料理になってしまうのです。

「ドーセット・シリアルズのミューズリー」
日本でも簡単に手に入ります!

好物とはいえ僕も毎朝イングリッシュ・ブレックファーストを食べたいとは思っていません(笑)。日本人が毎日焼き魚と味噌汁を食べないのと同じです。

20〜30代のイギリス人は朝食にシリアルを選ぶ人が増えています。僕もポリッジ(オートミール)が好きでよく食べます。シリアルをイギリス料理とするのは、かなり間違っていますが、イギリスメーカーによるオススメがあるので紹介させてください。

それはドーセット・シリアルズ社のミューズリーです。これは僕の父のお気に入りでもあります(ドーセットは彼の出身地です)。健康志向のトレンドのなかで、ミューズリーは日本でもいろんな種類が発売されていますが、ナッツや植物のタネ、ドライフルーツがよくブレンドされていて、味もいいです。

日本でも都市部の輸入品コーナーでは販売していますし(僕は東京と大阪と京都で見たことがあります!)、日本のAmazonでも購入できます。1箱あたり約800円。イギリスのシリアルの美味しさを代表する商品なので、ぜひ試してみてもらいたいです。

種類はたくさんありますが、個人的には「クランベリー・チェリー&アーモンド」を推します!

最後に、もう一度だけ言わせて!

この記事では代表的なイングリッシュ・ブレックファーストと手軽なシリアルを紹介しましたが、イギリスの味は、まだまだ他にたくさんあるし、まったく悪くありません!きっと日本人の口にも合うはずですよ。

Top image: © iStock.com/haoliang
他の記事を見る
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...