イギリスアニメが中国のパンクアイコンへ!?――ベンのトピックス

イギリスアニメが中国のパンクアイコンへ!?――ベンのトピックス

ペッパピッグって知ってますか?

イギリスの子ども向けアニメ番組です。日本での知名度は低いですが、イギリス、アメリカ、中国、そのほか180もの国や地域ではとても有名です。とくに1995年以降に生まれた人たちの子ども時代の大きな部分を占めています。

発端はTikTokです。この動画コミュニティアプリは、中国でも「抖音(Douyin)」と呼ばれて絶大な人気を誇っています。トップユーザーともなると、そのフォロワー数は4000万人以上。すごい数です。

さて、中国のようにメディアが国家にコントロールされている国において、抖音のようなオープンなアプリが人気になると、それは反発する手段となります。1970年代のイギリスで音楽という手段を使って若者たちが反体制的なメッセージを発したように、今、中国の若者たちは抖音やSNSを使ってパンクムーブメントを起こしているのです。

中国のネット上のムーブメントにおいて、彼らは「外の社会を知っている」という意味で自らを“社会人”と称しています。社会人たちの多くは、エリートではなく、中低層階級の出身。抖音の世界に入り込んでいて、ストリートファッションを好むようです。

そんな社会人のアイコンとなったのが、他ならぬペッパピッグなのです。

「小猪佩奇身上纹, 掌声送给社会人」(ペッパピッグがタトゥーして、”社会人”の奴らにシャウトアウトする)

この一種のスローガンは中国で大人気のミームになりました。社会人たちはペッパピッグのエピソードを方言に吹き替えをしたり、おかしなパロディを次々とアップするようになりました。なかには、かなりダークで破壊的なものもありました。
 
ただアニメをパロディするだけでなく、彼らはペッパピッグの時計をつけたり、タトゥー(シールの場合も多いようです)を入れて、それを抖音に投稿することもありました。
 
結果、淘宝(タオバオ)のようなECでは、タトゥーシールが飛ぶように売れ、そして背中一面にペッパピッグの入れ墨を彫るように頼まれた彫師がいるという噂がネット上に流れ、さらにペッパピッグとブランドとのコラボを謳った海賊版商品が中国で流通するようになったのです。

2019年は、よりペッパピッグが盛り上がるかもしれません

中国政府は、このようなアナーキーな若者たちのムーブメントが、他の若者たちにも影響を与えようとしている状況を好ましく思うわけがありません。中国政府は、彼らの本質的な価値観に何が合致し、何が合致していないのかという厳格なルールを定めていて、メディア及びエンタメ業界はそれに従うべきと考えています。
 
2018年の夏、抖音はハッシュタグ「#小猪佩奇」(ペッパピッグの中国名)を含む投稿をすべて削除することになりました。
 
しかし、社会人やペッパピッグを取りまく流行を抑えられたようには思えません。なんせ2019年は猪年(中国で「猪」は豚のこと)です。ペッパピッグとそのファンからは、むしろもっと大きな声が聞こえてくる可能性があります。
 
僕はそれほど政治的な信条がある人間ではありませんが、言論の自由は大事だと思います。それに、いたずらやジョークやトラブルを起こすのは大好きです(TABI LABOの同僚に聞けば、誰もがYESと言うでしょう)。だから、中国の若者の間でペッパピッグがひとつのアイコンになっていることはとてもおもしろいと思います。いかなる政治的な意味合いがあろうと、彼らが抖音を使って、独自の声を得たというのは素晴らしいとも思います。
 
まあ、この話から何を学べるかは分かりませんが、僕はこういうワイルドな話を見聞きするたびに「僕たちはなんとクレイジーで美しい世界に住んでいるんだ!」と思うのです。
Top image: © Naomi Nemoto

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。