イギリスの若者が夢中「コーラルピンクのカード」――ベンのトピックス

イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。

それほどまでに、Monzoは口コミによってミレニアルズを巻き込んでいます。

チャレンジャーバンク「Monzo」

イギリスの起業家トム・ブロムフィールド率いるチームが、チャレンジャーバンク『Monzo(モンゾ)』をローンチしたのは2015年。その背景には「スマートフォンで管理できる、使いやすいプリペイドデビットカードが欲しい」というミレニアルズたちの思いがありました。

イギリス人である僕が言うのもなんですが、とにかくイギリスの銀行システムは複雑で、テクノロジーの導入も遅れています。スマホネイティブな若者にとっては使いづらいんです。大手銀行はなかなかそのニーズに応えられていない。

その証拠に、クラウドファンディングサイト「Crowdcube(クラウドキューブ)」で、Monzoが資金調達ページを開設すると、わずか6秒で約100万ポンド(約1億5000万円)もの資金が集まり、あっさりとプロジェクトが成立しました。誰もが“銀行の新時代”を待ち望んでいたんですね。

この動きはイギリスだけではありません。ヨーロッパではMonzoのようなチャレンジャーバンクが増加の一途を辿っています。Revolut、N26あたりは、日本でも名前を聞いたことがある人が多いかもしれません。

Monzoに話を戻しましょう。

 

その最大のメリットは、アプリによってスマートフォンですべてを管理できる点にあります。例えば、カード決済が行われた際の通知や、支払い状況の確認、消費限度額の設定も簡単にできてしまいます。

これは実際に使ってみると、驚くほど便利で、簡単で、そして時間の短縮になります。銀行の窓口での待ち時間、PCブラウザの複雑な操作、そのどちらとも比較になりません。

ひとつだけ弱点があるとすれば、Monzoは2018年12月現在イギリスのみのサービスとなっています……もう僕が言いたいことはわかりますよね?

「誰か、日本でも同じようなサービスを!」

Top image: © Monzo

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

他の記事を見る
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
TABI LABO読者の皆さん、こんにちは。変わった話が好きな方はご注目、今回はすごく奇妙な話をご紹介します。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。その通りです。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
〈raregem(レアジェム)〉の「BANK ROBBER」。つまり、銀行強盗。ネーミングこそユーモラスですが、このレーベルのプロダクトは素材感を生かした...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...