イギリスの若者が夢中「コーラルピンクのカード」――ベンのトピックス

イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。

それほどまでに、Monzoは口コミによってミレニアルズを巻き込んでいます。

チャレンジャーバンク「Monzo」

イギリスの起業家トム・ブロムフィールド率いるチームが、チャレンジャーバンク『Monzo(モンゾ)』をローンチしたのは2015年。その背景には「スマートフォンで管理できる、使いやすいプリペイドデビットカードが欲しい」というミレニアルズたちの思いがありました。

イギリス人である僕が言うのもなんですが、とにかくイギリスの銀行システムは複雑で、テクノロジーの導入も遅れています。スマホネイティブな若者にとっては使いづらいんです。大手銀行はなかなかそのニーズに応えられていない。

その証拠に、クラウドファンディングサイト「Crowdcube(クラウドキューブ)」で、Monzoが資金調達ページを開設すると、わずか6秒で約100万ポンド(約1億5000万円)もの資金が集まり、あっさりとプロジェクトが成立しました。誰もが“銀行の新時代”を待ち望んでいたんですね。

この動きはイギリスだけではありません。ヨーロッパではMonzoのようなチャレンジャーバンクが増加の一途を辿っています。Revolut、N26あたりは、日本でも名前を聞いたことがある人が多いかもしれません。

Monzoに話を戻しましょう。

 

その最大のメリットは、アプリによってスマートフォンですべてを管理できる点にあります。例えば、カード決済が行われた際の通知や、支払い状況の確認、消費限度額の設定も簡単にできてしまいます。

これは実際に使ってみると、驚くほど便利で、簡単で、そして時間の短縮になります。銀行の窓口での待ち時間、PCブラウザの複雑な操作、そのどちらとも比較になりません。

ひとつだけ弱点があるとすれば、Monzoは2018年12月現在イギリスのみのサービスとなっています……もう僕が言いたいことはわかりますよね?

「誰か、日本でも同じようなサービスを!」

Top image: © Monzo

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
アウトドアブランドの「コロンビア」が新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、Instagramでキャンペーン「#toughertogether(#ともにタ...
実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。