イギリスの若者が夢中「コーラルピンクのカード」――ベンのトピックス

イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。

それほどまでに、Monzoは口コミによってミレニアルズを巻き込んでいます。

チャレンジャーバンク「Monzo」

イギリスの起業家トム・ブロムフィールド率いるチームが、チャレンジャーバンク『Monzo(モンゾ)』をローンチしたのは2015年。その背景には「スマートフォンで管理できる、使いやすいプリペイドデビットカードが欲しい」というミレニアルズたちの思いがありました。

イギリス人である僕が言うのもなんですが、とにかくイギリスの銀行システムは複雑で、テクノロジーの導入も遅れています。スマホネイティブな若者にとっては使いづらいんです。大手銀行はなかなかそのニーズに応えられていない。

その証拠に、クラウドファンディングサイト「Crowdcube(クラウドキューブ)」で、Monzoが資金調達ページを開設すると、わずか6秒で約100万ポンド(約1億5000万円)もの資金が集まり、あっさりとプロジェクトが成立しました。誰もが“銀行の新時代”を待ち望んでいたんですね。

この動きはイギリスだけではありません。ヨーロッパではMonzoのようなチャレンジャーバンクが増加の一途を辿っています。Revolut、N26あたりは、日本でも名前を聞いたことがある人が多いかもしれません。

Monzoに話を戻しましょう。

 

その最大のメリットは、アプリによってスマートフォンですべてを管理できる点にあります。例えば、カード決済が行われた際の通知や、支払い状況の確認、消費限度額の設定も簡単にできてしまいます。

これは実際に使ってみると、驚くほど便利で、簡単で、そして時間の短縮になります。銀行の窓口での待ち時間、PCブラウザの複雑な操作、そのどちらとも比較になりません。

ひとつだけ弱点があるとすれば、Monzoは2018年12月現在イギリスのみのサービスとなっています……もう僕が言いたいことはわかりますよね?

「誰か、日本でも同じようなサービスを!」

Top image: © Monzo
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
〈raregem(レアジェム)〉の「BANK ROBBER」。つまり、銀行強盗。ネーミングこそユーモラスですが、このレーベルのプロダクトは素材感を生かした...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...