僕がファッションセンスを磨いた店――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

東京ファッション・ウィーク(正式名「楽天ファッション・ウィーク東京」)についての記事を読んだ方なら分かるかもしれないけど、ベンはファッションが大好きです!でも、イギリスに住んでいた時はずっと学生だったので、服を買うためのお金はほとんどなかったんですよね……。まあ、日本語を“ちゃんと”勉強していれば、コンビニでバイトする余裕なんてないはずでしょ!

簡単にいうと「ファッションは高い!」ですよね

自分のオリジナルスタイルを模索していた20代前半のベンは、よくロンドンのデパート、リバティ、セルフリッジズ、ハロッズなどでよくウィンドウ・ショッピングやって、どんなアイテムを合わせるかとか参考にしてましたね。

ベンはベルギー育ちってこともあって、ラフ・シモンズ、ドリス・ヴァン・ノッテン、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクなどのベルギーのデザイナーが大好きでした。でも、大きな問題がひとつ……そりゃ高くて買えません!だから、ヴィンテージものが見つかる古着屋とかで探したりもあるんだけど、さらにもっと何が見つかるか予想できなくて、フレンドリーなスタッフがいる、バーゲンアイテムばかりが並ぶお店がイギリスにはあるんです。

イギリスの伝統的な 「チャリティー・ショップ」

チャリティー・ショップというのは、1800年代にはイギリスで生まれて、第一次世界大戦の頃には人気を博したお店のスタイル。お店はその名の通り、慈善団体が寄付などで集めた不用品や中古品などを販売して、売上を助けが必要なひとのために使います。現在は、世界の途上国へだったり、イギリス国内のホームレスケアホームに渡したりもしています。スタッフはみんなボランティア。慈善(チャリティ)はキリスト教の教えの一部でもあり、イギリスでは、すごく大事にされていることですからね。(実は、ベンはキリスト教を信じてないけど……。)

こんな風に紹介すると、皆さん「汚れた、キレイじゃないアイテムばかり」なんて思うはず。でも、そういう訳ではないんですよ!イギリス人のチャリティー概念はけっこう“意識高い”んです!ベンの家の近くにあったチャリティー・ショップには、すごいものがいっぱい揃ってました。エルメスのマフラーとか、アルマーニスーツとか、どう見たって新品のモノだってあります!

何よりも、クリスマスシーズンは最高ですよ!プレゼントをもらったけど要らないって人は処分できるし、プレゼントが欲しいって人はディスカウントで買える。そして、どこかの誰かは、その売上のお金が貰えるようになるんだから、み〜んなHappyですよね♪

一番有名なところで「OXFAM(オックスファム)」でしょうけど、他にもチャリティー・ショップはたくさんあります。ケンジントンのOXFAMだったらラグジュアリーブランドのアイテムが寄付されることもよくあります。それらチャリティー・ショップのおかげで、自分のファッションセンスを磨いていた20歳そこそこのベンでも、すごいアイテムを手に入れたりもしていました。

チャリティーの心は日本人もありますよね!

日本だと、下北沢から全国に広がったのがヴィンテージ・ブームですよね。でも、チャリティーの為に販売するかたちではないんですよね。

ベンにとっては、「それはなぜ?」っていうのが感想。

東日本大震災のすぐ後に日本にたベンは、日本人が色々な支援をしているのも見たり聞いたりしてきたし、日本でチャリティー精神はない訳じゃないですよね。だから、違うスタイルにはなるけど、チャリティー・ショップを日本人にオススメしたい!イギリスに行く予定がある人は、ぜひ行ってみてください!

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...