王子との結婚:ヘンリー王子との結婚後にメーガン・マークルが直面した予想外のルール

メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?

日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継承順位6位のヘンリー王子と結婚しました。

この結婚はさまざまな意味で画期的なものでした。

イギリス王家の歴史のなかで、離婚歴がある相手と結婚したのはヘンリー王子の大叔父にあたるエドワード8世以来。なお、エドワード8世はその結婚のために王位を退くことを余儀なくされました。 

また、モナコ大公レーニエ3世はハリウッド女優グレース・ケリーとの結婚で有名ですが、イギリスの歴史においては王族が一般の有名人と結婚したのは今回が初めてのこと。いまやメーガンは結婚によってサセックス公爵夫人メーガン妃殿下となりました。

とはいえ、メーガン妃はハリウッド女優です。注目されること自体に戸惑いはないでしょう。大衆が自分の顔を知っていることにも、あちこちで周囲を護衛するセキュリティにも慣れっこだと思います。 

ですが、下の写真の一件で、王族であることと自由な有名人としてのライフスタイルが違うということに彼女は驚いたはずです。

©Max Mumby/Indigo/Getty Images

メーガン妃が自動車のドアを開けています。

一見、普通のことに見えますが、そうではないんです!

王室ルールによれば、ドアの開閉はセキュリティの仕事。王族がやってはならないことと、定められているのです。

そんなルールがあるなんて、ロンドナーの僕も知りませんでした。この写真がイギリスで話題になったことで、知られざる王室ルールに興味を持った僕は、メーガン妃が驚いたであろう禁止事項について調べてみました。

① 自撮り
メーガン妃が誰かと一緒にセルフィーをすることは叶いません。何人たりとも彼女に背を向けるべきではないというルールがあり、写真を撮る場合、カメラマンは彼女に向き合ってシャッターをおす必要があります。

② サイン
署名は公文書に限られています。メーガン妃はもう『Suits』のファンにサインすることはできないのです。(彼女のサインの価値は高騰するはず!)

③SNS
すでにメーガン妃は自身のwebサイト「The Tig」や190万ものフォロワーを抱えていたInstagram、Facebookのページ、そしてTwitterを閉鎖しています。

④ファッション
女王はファッションに関して独自のルールを持っていることは有名です。暗めのネイビー、短いスカートやドレス、ウェッジソールはNG。そして、メーガン妃もこのルールに従うことになります。さらに、12世紀に定めたられた法により、王族はファーを身につけることも許されていません。

⑤食事
同じく女王はジャガイモやパスタ、お米やニンニクがお好きではないことは有名な話。甲殻類も口にしません。このなかにメーガン妃の好物がないことを祈ります。また、ティーカップの持ち方も決まっています。

⑥政治
これは日本人の皆さんにも理解してもらえそうです。メーガン妃は立候補はおろか、投票することもできません。彼女の故郷であるアメリカにおいてもです。あらゆる政治的意見は極めて不適切とされます。ちなみに、すでに消去されていますが、過去のInstagram投稿によって、メーガン妃はイギリスのEU離脱に反対していたことが明らかになっています。まあ、僕としては残念です(笑)。

これらはすべてメーガン妃のライフスタイルに衝撃を与えそうなルールの一部であり、イギリス王室が長く守ってきたことでもあります。個人的には、伝統も大事ですが、少々時代遅れなものもあると思います。

世の中には王子様やお姫様との結婚を夢見る人も多くいます。そういう意味ではメーガン妃は憧れの存在でしょう。だけど、僕はこのルールを知ったことで、彼女のことをちょっと気の毒に思ってしまいました。

Top image: © 2018 TABI LABO

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
誰にも打ち明けられないような「心の傷」がひとつ、ふたつ。生きていくということはそれを消化することなんだろうけれど、上手くいかないことのほうが多い。お金や地...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
今年1月に英王室からの離脱を発表して、3月31日をもって正式に地位を退いたヘンリー王子とメーガン妃。メーガン妃は王室離脱後初となる仕事として、ドキュメンタ...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
英ロイヤルファミリーのちょっと奇妙なルールをご紹介。王室での生活を覗き見れるようなトピックだ。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
女優として活躍し、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークル。婚約を発表したことで、彼女に改めてスポットライトが当たり、拡散したあるスピーチがある。2015...