王子との結婚:ヘンリー王子との結婚後にメーガン・マークルが直面した予想外のルール

メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?

日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継承順位6位のヘンリー王子と結婚しました。

この結婚はさまざまな意味で画期的なものでした。

イギリス王家の歴史のなかで、離婚歴がある相手と結婚したのはヘンリー王子の大叔父にあたるエドワード8世以来。なお、エドワード8世はその結婚のために王位を退くことを余儀なくされました。 

また、モナコ大公レーニエ3世はハリウッド女優グレース・ケリーとの結婚で有名ですが、イギリスの歴史においては王族が一般の有名人と結婚したのは今回が初めてのこと。いまやメーガンは結婚によってサセックス公爵夫人メーガン妃殿下となりました。

とはいえ、メーガン妃はハリウッド女優です。注目されること自体に戸惑いはないでしょう。大衆が自分の顔を知っていることにも、あちこちで周囲を護衛するセキュリティにも慣れっこだと思います。 

ですが、下の写真の一件で、王族であることと自由な有名人としてのライフスタイルが違うということに彼女は驚いたはずです。

4838521462325248
©Max Mumby/Indigo/Getty Images

メーガン妃が自動車のドアを開けています。

一見、普通のことに見えますが、そうではないんです!

王室ルールによれば、ドアの開閉はセキュリティの仕事。王族がやってはならないことと、定められているのです。

そんなルールがあるなんて、ロンドナーの僕も知りませんでした。この写真がイギリスで話題になったことで、知られざる王室ルールに興味を持った僕は、メーガン妃が驚いたであろう禁止事項について調べてみました。

① 自撮り
メーガン妃が誰かと一緒にセルフィーをすることは叶いません。何人たりとも彼女に背を向けるべきではないというルールがあり、写真を撮る場合、カメラマンは彼女に向き合ってシャッターをおす必要があります。

② サイン
署名は公文書に限られています。メーガン妃はもう『Suits』のファンにサインすることはできないのです。(彼女のサインの価値は高騰するはず!)

③SNS
すでにメーガン妃は自身のwebサイト「The Tig」や190万ものフォロワーを抱えていたInstagram、Facebookのページ、そしてTwitterを閉鎖しています。

④ファッション
女王はファッションに関して独自のルールを持っていることは有名です。暗めのネイビー、短いスカートやドレス、ウェッジソールはNG。そして、メーガン妃もこのルールに従うことになります。さらに、12世紀に定めたられた法により、王族はファーを身につけることも許されていません。

⑤食事
同じく女王はジャガイモやパスタ、お米やニンニクがお好きではないことは有名な話。甲殻類も口にしません。このなかにメーガン妃の好物がないことを祈ります。また、ティーカップの持ち方も決まっています。

⑥政治
これは日本人の皆さんにも理解してもらえそうです。メーガン妃は立候補はおろか、投票することもできません。彼女の故郷であるアメリカにおいてもです。あらゆる政治的意見は極めて不適切とされます。ちなみに、すでに消去されていますが、過去のInstagram投稿によって、メーガン妃はイギリスのEU離脱に反対していたことが明らかになっています。まあ、僕としては残念です(笑)。

これらはすべてメーガン妃のライフスタイルに衝撃を与えそうなルールの一部であり、イギリス王室が長く守ってきたことでもあります。個人的には、伝統も大事ですが、少々時代遅れなものもあると思います。

世の中には王子様やお姫様との結婚を夢見る人も多くいます。そういう意味ではメーガン妃は憧れの存在でしょう。だけど、僕はこのルールを知ったことで、彼女のことをちょっと気の毒に思ってしまいました。

Top image: © 2018 TABI LABO
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
誰にも打ち明けられないような「心の傷」がひとつ、ふたつ。生きていくということはそれを消化することなんだろうけれど、上手くいかないことのほうが多い。お金や地...
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
女優として活躍し、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークル。婚約を発表したことで、彼女に改めてスポットライトが当たり、拡散したあるスピーチがある。2015...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
FRANK DIAMONDの写真は、おとぎの国のような美しさや物語がある。でも、彼の生み出す世界は、すべて“闇”を感じてしまう。乙女たちと白馬の王子様との...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
超古風な結婚報告をした、有名俳優が話題になっている!映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」でジョン・ハリソン役を演じ、「世紀の悪役」として世界中か...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...