日本で働くイギリス人から、五月病にならないためのアドバイス――ベンのトピックス

日本で働くイギリス人から、五月病にならないためのアドバイス――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!

僕はロンドン生まれだけど、転校が多かったし、ブリュッセルや大阪で暮らしたこともあります。だから、新しい環境に慣れるのは上手なほうだと思いますが、それでも大学に入学した頃はつらかったし、TABI LABOで働き出した時もつらかった。もっと若い時には、引きこもりになったこともあります。

でも、ストレスはいっぱいあったけど乗り越えました。だから、今新しい環境に悩んでいる人に、簡単なアドバイスをあげたいと思います!

そう、今回のテーマは最悪な“五月病”です。

アドバイス1
期待も予想もしないこと

イギリスにはこんな言葉があります。

「期待しない者は幸せである。失望することがないからである」

これはいろんな人に当てはまると思います。ポジティブでも、ネガティブでも、期待や予想は、残念ながら現実とまったく違う可能性が高いです。だから僕からのアドバイスはシンプルです。

期待や予想をしないこと!

言葉にするとこれだけ。でも、すごく効果があります。

思い返してみると、僕がつらいと感じたのは、期待や予想が大きかった時です。「どれだけすごい勉強ができるんだろう」と期待して入学した大学では、自由すぎて戸惑いました(イギリスの大学のカリキュアラム選択は自由すぎる!)。システムがしっかりした私立高校に通っていたので、ギャップが大きかった。

僕自身、結構考えすぎたり、細かいことを気にするタイプだから、新しい環境に身を置く時は、一日一日をそのまま受け入れようと決めてます。

本当にこれだけのことで、ストレスは減るはずです。

アドバイス2
話をするなら“ジャッジをしない人”に

とはいえ、新しい環境にストレスはつきものです。そんな時は誰かと話すこと。まあ、どんな状況でも信頼できる人と話すことはオススメです。

ただし、気をつけてください。

絶対に“ジャッジをしない人”を選んでください。

職場や学校での悩みを相談すると、時々いろんなことを指摘して、どうすればいいかジャッジしてくる人がいます。指摘されてもどんどん自分は辛くなるだけ。それに判断するのは必ず自分です。

だから相談する相手には、ただ聞いてくれる人がいいです。「今、つらいんだよね」という話ができる人がいいです。

読者のみなさんの日常が、どのような人に囲まれているのかわかりません。家族、友達、同僚、好きなレストランの店員さんでも……それが誰でも、自分の思考や感情をシェアするだけで大助かりだ!

もしも、そういう人がいないという人は、僕にコメントを投げてもらっても構いません。僕には返信する時間があります。

余談です!

日本では新学期も入社式もだいたい4月。だから4月は、新しい環境に慣れる時期です。すごくエキサイティングな時期ですよね!

だけど、ゴールデンウィークあたりから5月にかけては、プレッシャーやストレスを感じる時期に変わってしまいます。環境に慣れるのはとても大変で、挫折する可能性は高いです。

僕はこの1ヶ月に集中するストレスやプレッシャーが国全体の精神衛生上よくないと思ってます。

例えば、イギリスではシステムのタイミングがちょっと違う、学校や大学の新学期は9月にはじまります。大学の卒業式は6月ぐらいですが、一般的にイギリス人は卒業する前には就活しません。企業は年中求人を出しているし、ピークも12月と1月です。

これぐらい分かれているほうがいいと思います。

Top image: © Naomi Nemoto
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
「GW(ゴールデンウィーク)」。なんてスウィートな響きでしょう。素晴らしい大型連休までのカウントダウンが、今年も始まりました。気分はウキウキで、仕事中でも...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
僕はいまでもApple iPod Classicをつかう古い人間なのかもしれません。ただ、リスニングコンテンツを楽しむのは、イギリス人でもけっこう早くから...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...