ぶっちゃけ、GW明けが今から憂鬱でしょうがない人へ

有給を取得している人であれば、9連休もある今年のゴールデンウィーク。これだけ休みがあれば、今から密かに連休明けの“反動”をおそれている人も多いのでは?

そんな時、無理して頑張ろうとはせず、素直に自分の気持ちと向き合ったほうが気が楽になるかもしれません。このように個人的に考える理由は、海外生活でのある経験がもとになっているからなんです。

悩んでいた私の背中を押してくれた
大学の先生のひと言

4800847804366848

私が以前通っていたオーストラリアの大学には、カウンセリングサービスがありました。仕事をしながら勉強するなどして経済的な心配事や人間関係など個人的な悩みを抱えていた生徒をはじめ、大学に関わる教師も対象でした。そして、もちろん国内の生徒だけではなく留学生も。

当時の私は、家族が体調をくずしていたことが理由で、日本を離れて勉強することにかなりの困難を感じていました。

そこで、私は親しかった先生に相談したのです。

すると彼女は、実は自分も抱えきれないほどの仕事と個人的な悩みが重なっていて、大学にあるカウンセリングへ行っているのだと打ち明けてくれました。

まだまだ抵抗を感じる人が多い日本に比べると、海外では(もちろん地域によってですが)カウンセリングは生活にある程度根付いているように思えます。海外ドラマや映画にも、登場人物がカウンセラーに相談するシーンが時々でてきますよね。

とはいえ、当時の私も「カウンセリングへ行って話してみたらどう?」というひと言だけではすぐに行く気にはならず……。

結果的には、カウンセラーに話を聞いてもらうことになったのですが、その時に背中を押してくれたのが、以下に紹介する先生の言葉でした。

「自分をよく知る人だと知らないうちに気を使いながら話してしまうけど、知らない人が相手だと、逆に気兼ねなくいろんな事を話せてスッキリするよ」

この言葉を聞いた直後はまだ半信半疑だった私も、カウンセリング後は思っていた以上に気持ちが軽くなったことを覚えています。

とはいえ、行ったことがないのに突然カウンセリングへ行くとなると腰が重いはず。そこで提案です。

季節はせっかく出会いの春。ですから、新しく知り合った人と積極的に自分のことを交えながら話してみるのはどうでしょう?

もちろん、いきなり重い話をするというわけではありません。普段は口に出さないあなた自身のことや感じていることについては、よく顔を合わせている人よりもまだあまり知らない人を相手にした方が、触れやすいかもしれないということです。

「そうなんだね」と先入観なくうけとめてもらえたら、案外スッと心が軽くなるかもしれませんよ。

とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
「GW(ゴールデンウィーク)」。なんてスウィートな響きでしょう。素晴らしい大型連休までのカウントダウンが、今年も始まりました。気分はウキウキで、仕事中でも...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
第77回米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート、ヨーロッパ映画賞2004最優秀作品賞ノミネート、ミラノ映画祭 2004 観客賞/特別賞/学生審査員賞など、...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。