お花見で好きな人の気持ちを確かめる、ちょっと「ズルいゲーム」。

今週の祝日に、急ぎの仕事があり出勤していた私は、金曜日の仕事を早めに終え、職場からすこし足をのばして目黒川沿いを歩いていた。

両側から川を囲むようにして咲きみだれる桜をながめながら、「今週も無事終わったなぁ」なんてことを考えながら。

最近は、働きづめで疲れがたまっていたから、気づいたら桜が咲いていたという印象。お花見の予定は特に立てていない。

ピンク色の景色のなかをボーっと歩いていると、はらりと一枚の花びらが前髪の先にとまって揺れた。

「あっ」

指で花びらをつかむと同時に、頭のなかを駆けめぐったのは大学3年生の時の記憶──。

あの春、私は同級生で同じサークルに所属していた男友達と、大学の授業を終えた帰りにノリで花見をしにいった。

「川沿いのお店で優雅にロゼでものみたいな〜」と、半分冗談で言った私に、彼は「そんな金ねーよ」と一蹴した。

しょうがなく、私たちはコンビニへ行ってピンク色の飲み物(ほとんど入ってないと言っていいほど微量のアルコールが入ったカクテル)と、100均でプラスチックのグラスを買って公園にでかけた。

平日の午後ということもあり、周りは家族連れやお年寄りばかりだった。買ってきたレジャーシートを芝生のうえに広げると、珍しいものでも見るかのように彼らは視線を送ってきた。

私たちは最初、横に並んで座りながら飲み物をチビチビくちに運んだ。

会話という会話はほとんどなく、ほぼ沈黙だった。

いつもは学校で会うたびにちょっかいを出してくる彼が、その日はどこかよそよそしかった。その姿に、私も意識してしまっていた。

すこしして風が強くなり始めると、桜の木が揺れてあたりに花びらが舞っていった。子どもたちは、笑いながらピンク色の花吹雪を追いかけていく。

私は彼らを見ながら、顔にかかる髪の毛をかきわけていた。

5246577094426624

すると、彼は自分のグラスに飲み物をついでこう言った。

「この中に花びらが落ちたら、あり得ないことが起こるってことにして、風が止むのをまつか、片づけてここを出るのとどっちがいい?」

「あり得ないことって?」

首をかしげて聞くと、彼は「例えば俺たちが付き合うとか?」と言い、いつも私をからかう時の顔を見せた。気のせいか、頬が桜にちかい薄ピンク色をしている。

「いいよ」

私はなぜか上から目線で返事をして、その“ゲーム”に參加することにした。それを聞いて、彼はグラスを私たちの真ん中に置いた。

私は内心ドキドキしながら、グラスの縁をながめていた。彼をチラ見すると、思ったより真剣な視線を送っていて驚いた。

5858193859149824

しばらくたっても、花びらは落ちてこない。私はなぜか、ガッカリしていた。この気持ちがバレたら、彼はどんな反応をするだろう…。

すると、カラダが一瞬ぐらつくほどの突風が吹いた。

「わっ!」

私はすぐに顔を覆うと、指と指のあいだから、彼がグラスが倒れないように抑えている姿が見えた。反射的に、私もグラスに手をのばす。

その時、ゆっくり遅れて落ちてきた花びらが、私の爪の先に当たってグラスの中に入った。

『あっ』

私たちは、互いに声をあげて顔を見合わせた。

(これは入ったことになるんだろうか…)と考えていると、彼は「入ったね」とほほ笑んだ。

いつもはイジワルな彼がはにかむ姿に、私は不覚にもドキッとしてしまった──。

気づいたら、結構な距離を歩いてきていた私。

あれから、あの彼とは晴れて付き合うことになり、社会人になって彼が海外転勤になるまで一緒にいた。

懐かしくなって、SNSで近況を見てみると、赴任先のワシントンDCで咲き始めた桜を堪能しているようだった。

「せっかくだから、明日はどこかでお花見でもしようかな」

一年に一度の、春のおくり物。やっぱり今週末は桜を見にでかけよう。

社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
好きな人とのエッチって、なんであんなにも気持ちがいいんでしょうか。「好き」の気持ちが強ければ強いほど、気持ち良さも増すような気が。今回は、エロに溺れながら...
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
初々しいカップルは、周りで見ていてもほほえましく、癒されますよね。ただし、当の本人たちは、思い通りに気持ちを伝えたり、行動できないジレンマに一抹の不安さえ...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?