「心から好きな人」ができたときに、知ること。

 



重いものは 海の砂と悲しみ

短いものは 今日と明日

はかないものは 花と若さ

深いものは この海原と真実

あなたと出会い わたしは知った

 

染まるものは 空と体

見えないものは 夜の虹と嘘

やさしいものは 春風と面影

続くものは 水平線と祈り

あなたと離れて わたしは知った

 

 

『かのひと 超訳 世界恋愛詩集』著:菅原 敏(東京新聞出版局)
「いくつかの答え」(クリスティーナ・ロセッティ)より

だれかを、「心から」好きになると。

 

今日という日の短さ、季節に咲く花の朽ちてしまう速さ、一瞬のうちに染まっていく夕暮れ、春のはじめに吹く生温かい風のやさしさ。

生まれたときからずっと自分を包んできたものたちに、心を揺り動かされることが多くなります。みだれることなく秩序をもってまわりつづけてきた季節の中を、何周も何周も生きてきたのに、そのひとつひとつに、今さら気がつくようになります。

ただそれだけのことを言いたくて、今日はこの詩を紹介しました。

 

もしも、いま。

 

「出会えたよろこび」、もしくは「離れてしまったかなしみ」の中にいる人がいるのなら、その中で知ることのできた「いくつかの答え」を、かぞえてみてください。

「知ることができた」というより「気づくことができた」というほうが、正しいでしょうか。「心から好きな人」ができることは、すでに自分の中にあるものが、ひとつひとつ、すくい上げられて見えるようになっていくことなのかもしれません。

 

『かのひと 超訳 世界恋愛詩集』著:菅原 敏 イラスト:久保田沙耶(東京新聞出版局)

今の恋も、昔の恋。どの時代、どの国に生きようと、恋すれば私たちは何ひとつ変わらない。ゲーテ、シェイクスピアから小野小町まで。恋愛を題材とした古典作品をモチーフに、気鋭の詩人 菅原敏が独自の感性で現代詩に昇華させた三十五編を収録。大事な「かのひと」への贈り物にもぴったりな一冊。

「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。
好きな人とのエッチって、なんであんなにも気持ちがいいんでしょうか。「好き」の気持ちが強ければ強いほど、気持ち良さも増すような気が。今回は、エロに溺れながら...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
好きな人が出来たなら、何とかして相手を自分の虜にしたいと思うのが正直なところです。そんなあなたにピッタリの「恋の駆け引き」を紹介しましょう。めんどくさい、...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
まだ本気じゃない。大丈夫って、思っていたけど。
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
「一緒にいて楽しくて仕方がない」。そんな相手がいるなら、素直に好きと認めてみてはどうでしょ?恋愛に成就する近道は、認めるという大きな第一歩からはじまります...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
失恋をすると、想像以上につらく苦しい気持ちにさいなまれ、身動きがとれなくなってしまいますよね。自分だけが世界の中で取り残されたような感覚に襲われることもあ...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
外国人の住居者が年々増えている日本。違う文化やバックグラウンドから来た人と出会って恋に落ちることもあるはず。だからこそ紹介したい、日本人が外国人に対して勘...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
それでも、一緒にいるあいだは、幸せだったし。
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
失恋によって自暴自棄になったり、家の中に閉じこもったりしていても、やり場のない大きな悲しみはなかなか癒えることがありません。しかし、生きている限り、あなた...