最高なのは、「◯◯のことで笑わせてくれる」彼。

 

 

Q. 好きな男性のタイプは?

A.「笑わせてくれる」人

 

個人的な好みはありますが、笑わせてくれない人より、絶対に笑わせてくれる人のほうがいい。「もともとおもしろい」人もとても好きですが、あの手この手で一生懸命自分を笑わせようとしてくれたりすると、やっぱりそこに愛(の、ようなもの)を感じてしまいます。

それだけでも十分、なんだけれど……

 

ただ笑わせてくれるだけでは満点とは言えない。

最高なのは、あなたがあなた自身のこと
笑えるようにしてくれる相手だ。

 

こんなことが書いてある本を、偶然読んでしまいまして。本当にそうだなと思ったわけです。なにか面白いネタがあってそれを笑うことよりも、失敗も多くって、悩みも尽きない、不器用な自分自身のことを笑えてしまうほうが、なんとなく「笑う」っていうことにおいて本質的な気がするというか。失敗をイジって笑い飛ばしてくれたりしたら、何度くじけても、何度だって元気に戻れると思うんです。

だから、これから好きな男性のタイプをきかれたら、「私自身のことで私を笑わせてくれる人」って言おうかな。そんな人って、とても素敵だと思いませんか?

 

《本について気になる人はこちら》

『上手な愛し方 The Rules of Love』著:リチャード・テンプラー 訳:亀田佐知子(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

世界的ベストセラー『人生のルール』の著者が贈るうまくいくふたりの愛を育てる方法88。“知られざる秘密の恋愛テクニック”は載っていません。あたりまえのことだけれど、なかなか実行できない、たいせつなことだけが集められた愛のルール集。

学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
「意見を聞いてくれない」「気持ちを優先してくれない」、このように彼に対して感じている女の子がいるとします。これだけ聞くと、ひとりよがりに聞こえてしまわなく...
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
まだ本気じゃない。大丈夫って、思っていたけど。
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
どうせなら、「会わない時間」をめちゃくちゃ楽しめる人でいたい。
9月8日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Breeze」は、フォトグラファーとして活躍する開発者の...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
クラブにいるオンナの子を撮影する企画「club snap」。当日、取材協力先の「WOMB」ではK-POP系のパーティーが開催されていました。
それでも、一緒にいるあいだは、幸せだったし。
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
本当に恋人を大切にしてくれる男性「15のサイン」をご紹介。
「Google」が先日、米国ニューヨークと英国のブード、スペインのビルバオの3拠点を結ぶ新しい海底ケーブルを建設する計画を発表した。新型コロナウイルスの感...
「ハーゲンダッツ ジャパン」が、全国に住む10〜60代のハーゲンダッツファン300人に、また食べたいフレーバーと、食べてみたいフレーバーに関するアンケート...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
好き同士が一緒になれれば、きっと幸せになれる。本来はそのはずだけれど、それほど単純じゃないからこそ恋愛は難しい。そう、実は「好きの対象」が重要なんです。「...
遠距離カップルの日常をイラストと共にご紹介。
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
映画で観るお姫様と王子様の恋愛は、いつもハッピーエンド。ところが現実は純粋なラブストーリーからどんどん離れていくばかり。まずは「Thought Catal...