恋人の「ムカつくとこ」いくつか思い浮かべてから、読んでください

 

またムカついてきちゃったらごめんなさい。思い浮かべていただいてこんなこと言うのもアレですが、その「ムカつくとこ」、まぁそんな簡単に直してもらうことなんてできないですよね。

恋愛関係において、ときに多少の諦めや許容はきっと必要なものですが、我慢はずっと続けられるものでもないし。言ったら言ったで険悪ムードだし。じゃあどうすればいいの?って思ったときに、ある本に書いてあった答えはこれ。

 


文句があればちゃんと言う

“ただし、ユーモアを忘れずに”

『上手な愛し方 The Rules of Love』より
著:リチャード・テンプラー 訳:亀田佐知子(ディスカヴァー・トゥエンティワン)


この1行目って当たり前のことのように思えるけれど、じつはとても大切なこと。文句を「言う」ことはできても、「ちゃんと言う」って案外できていないことかもしれません。我をわすれずに、筋道を立ててちゃんと相手に伝えられていますか?

そして2行目。これです。きっとあなたも彼に、大なり小なり「ムカつかれていること」あると思うんです。じゃあどんなふうに言われたら(すぐ直せるかは別として)、受け入れられそう?

自分が言われるなら


そんなふうに考える姿勢はつねに忘れずにいたいもの。伝える内容が文句、であればなおさらです。だってやっぱり頭ごなしに言われたら(頭ではわかっていても)、どうしたって反発しちゃうし。恋愛関係に限った話ではないんですけどね。

いくつか思いついた恋人の「ムカつくとこ」。あなただったら、彼にどうやって伝えますか?

《本について気になる人はこちら》

『上手な愛し方 The Rules of Love』著:リチャード・テンプラー 訳:亀田佐知子(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

世界的ベストセラー『人生のルール』の著者が贈るうまくいくふたりの愛を育てる方法88。“知られざる秘密の恋愛テクニック”は載っていません。あたりまえのことだけれど、なかなか実行できない、たいせつなことだけが集められた愛のルール集。

自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
あの人と待ち合わせたら、まず何を話す?
こんなとき、彼女に「この2択」で質問してみてください。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。