恋人との「あの瞬間」について、話してもらいました。

「どういう瞬間にシャッターを切るんですか?」


野暮だなあ、とわかっていつつも、以前こんな質問をしたことがあるんです。その人は、日常の中の恋人の自然な姿を写真に撮る人でした。

写真って、どんな瞬間にシャッターを切っても必ずなにかが写るし、“自然な姿の” 被写体は、カメラに向かって表情をつくるでもなければ、ポーズをとるでもなくて。

だから余計に気になったんです、「いつシャッターを切るのか?」って。質問をしたあと、しばし考えてその人は、答えてくれました。

 



たとえば 学生の頃、片思いしている人と廊下ですれちがうとき、一瞬、時間がとまるような感覚になったりしませんでしたか? 

「時間」っていう概念がなくなる瞬間っていうのかな。世界のなかで、いまその人がそこにいること、“ただそれだけ” になる瞬間、みたいな。
ちょっと恥ずかしいですけど。

大人になってからは、そうですね、たとえば恋人とふたりの夜に。僕は起きていて、彼女はとなりで眠っていて。外の明かりがすこし入ってくる部屋だから、彼女の頬だけが照らされて白く光っているんです。

自分でも無意識に、その頬をなでていたりして。
そのときも、 “ただそれだけ” になる瞬間がおとずれているんですよね。


僕がカメラのシャッターを切るのは、そういうときな気がします。


 

その瞬間は、今日も。


この世にたくさんある、「恋人を写す写真」。そして、「恋人を写している時間」。世界のあらゆるところで、たえず “ただそれだけ” の瞬間がつづいているんだなと、とても腑に落ちる言葉を伝えてもらいました。

あれから4年ほど経ちますが、このできごとは、「“言葉にできない瞬間” をあらわす言葉」について考えるとき、いつも自分が立ち返る場所になっています。

あの人と待ち合わせたら、まず何を話す?
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
当たり前なんだけれど、意外とできていないこと。
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...