「前世」でも、恋人だったのかもしれない。

 

「前世」とか「来世」とか、なんていうか「輪廻」とか。
なんか大げさだし、本当にあるのかもわからないし、すくなくとも「現世」にいる限りは、確かめようもないんだけれど。

ある夕暮れどき
女性が恋人に語りかけたのは、

 


われらかつて魚(うお)なりし頃かたらひし
藻の蔭に似るゆふぐれ来たる


水原紫苑

 

そういえば、私たちが魚だったあの頃、
ゆらゆら揺れる藻の蔭に憩いながら、語り合ったわねえ。
今日の夕暮れって、あの感じに似ているような気がするんだけど。

(現代語訳:俵万智)



生まれるまえから知っていたような、出会うまえから、出会っていたような。これは、そんな恋人に語りかける女性の気持ちを詠んだ短歌です。

けっして情熱的ではない言葉たちの中に、ふたりの日頃の会話や、囲む食卓、包みこむ温度までも伝わってくるような気がしませんか?

一生懸命に合わせずとも、なんだか波長が合っている。好きなものや性格が違っても、その人と一緒にいるだけで、ふと、はるか昔の自分に戻っていくような感覚になる。どこか「おなじ種類の人間」どうしの恋愛をしていると、こういう感覚になるのかもしれません。

 

『あなたと読む恋の歌百首』著:俵万智(文藝春秋)

満ち足りた幸せいっぱいの恋があれば、心が張り裂けそうな辛い恋もある。百人の歌人がうたった百首の恋の歌に俵万智流の解釈と鑑賞が添えられた、ユニークな短歌鑑賞かつ恋愛手引きの書。何度も読み返したくなる宝石箱のような一冊。

キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
それでも、一緒にいるあいだは、幸せだったし。
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...
恋人の行動が何だか怪しい!そう感じたら、「気のせいかも」で済ませてはいけません。もしかしたらそれは、あなたへの愛情がなくなっているのかも…。別れを恐れて取...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
「言葉にできない」と、思っていたけれど。
あの人と待ち合わせたら、まず何を話す?
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
「恋人にはずっと好きでいて欲しい」。そう思うのはとても自然なこと。でもその恋がどうすれば長続きするかは、悩ましい問題です。好きという気持ちだけでは乗り越え...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...