前世は「事故車両」のスマホケース

ハンドメイドのカラフルな新品のスマホケース。それぞれ違う模様がついている。

でももっとよく見てみると、これが模様でないことに気がつく。これは傷だ。

製作したのは「フォルクスワーゲン」
その意図とは?

5385930361798656

新品なのになぜ傷がついているのか。それは、このケースの元の姿が事故車両だからだ。

事故車両を職人が一つひとつ加工してつくった「Crashed Cases」。製作したのは、自動車メーカーのフォルクスワーゲン・スウェーデンだ。

5865252738564096

スウェーデンでは、今年2月に運転中のスマホ操作が法律で禁止されたばかり。

ただし、法律で禁止されたからといってすぐに効果があるわけではない。フォルクスワーゲンとともにこのケースを製作したNord DDBによると、法律施行後も事故数に目立った変化はなかったという。

なかなか意識されない運転中のスマホ操作の危険性に目を向けてもらおうと思った自動車メーカーの案が、この「Crashed Cases」だった。

ちなみに、このケースは一つ599クローナ(約7,600円)で販売されている。売上は衝突事故の負傷者のリハビリに充てられるという。

「Crashed Cases」のHPには、メッセージを打ちながら運転すると、事故を起こす確率が通常の23倍になるという記載も。自分は大丈夫という変な自信をもつ人が減り、こんなキャンペーンが増えないことを祈るばかりだ。

Licensed material used with permission by Volkswagen Sverige
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
〈ROOT CO.〉の「Shock Resist Case Pro.」は、アメリカの耐衝撃テスト(122cmの高さから26方向の製品落下試験)をクリアする...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
〈ROOT CO.〉のカーマウント。エアコンの吹き出し口に差し込み、スマホケースに付属のメタルプレートを入れれば準備完了。ドライブ時にベストポジションで、...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
「出会うまえから、出会っていたような」。そんな人はいますか?
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...