前世は「事故車両」のスマホケース

ハンドメイドのカラフルな新品のスマホケース。それぞれ違う模様がついている。

でももっとよく見てみると、これが模様でないことに気がつく。これは傷だ。

製作したのは「フォルクスワーゲン」
その意図とは?

新品なのになぜ傷がついているのか。それは、このケースの元の姿が事故車両だからだ。

事故車両を職人が一つひとつ加工してつくった「Crashed Cases」。製作したのは、自動車メーカーのフォルクスワーゲン・スウェーデンだ。

スウェーデンでは、今年2月に運転中のスマホ操作が法律で禁止されたばかり。

ただし、法律で禁止されたからといってすぐに効果があるわけではない。フォルクスワーゲンとともにこのケースを製作したNord DDBによると、法律施行後も事故数に目立った変化はなかったという。

なかなか意識されない運転中のスマホ操作の危険性に目を向けてもらおうと思った自動車メーカーの案が、この「Crashed Cases」だった。

ちなみに、このケースは一つ599クローナ(約7,600円)で販売されている。売上は衝突事故の負傷者のリハビリに充てられるという。

「Crashed Cases」のHPには、メッセージを打ちながら運転すると、事故を起こす確率が通常の23倍になるという記載も。自分は大丈夫という変な自信をもつ人が減り、こんなキャンペーンが増えないことを祈るばかりだ。

Licensed material used with permission by Volkswagen Sverige

関連する記事

スマホを落下などのダメージからしっかり守る、史上最強クラスのスマホケース「Mous Limitless 3.0」。
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
自分の好きなステッチを縫うことでオリジナルデザインを楽しめるDIYスマホケースは、100%堆肥化可能というのも人気の秘訣。亜麻と植物ベースの原料を用いた特...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
〈ROOT CO.〉の「Shock Resist Case Pro.」は、アメリカの耐衝撃テスト(122cmの高さから26方向の製品落下試験)をクリアする...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。