手品のように指に吸いつく「スマホ用グリップ」

きっと、一度はスマホを落としてしまったことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目がちょっとヤボったい気もするし。

そんなことを思っていたら、これを見つけちゃった。その名は「The Hold Button」。

まるで手品のような感覚

95b814d0da6da0cf25d57e182c74e8906cfe0357

これグリップ?はじめは目を疑った。こんな碁石のようなもので、スマホをホールドできるの?

答えは、イエス。ぜひ、以下のGIFで確認してほしい。このグリップ力が、見た目とは裏腹にスゴイのだ。スマホが指に吸いついているように見える。

34e044303507a86cefb50f6becd87eb1a2fefe690646f26f8835f7d4bfc6ae497fef400c3c7240b01b6559f228952f91bf2cea2018b118f8680fccd1

ただ、背面に貼るだけ

15f8e2745769c8d14dcaed9576fb228a4273ad31

使い方は超簡単で、スマホの背面に貼るだけ。3Mの接着剤によって粘着力は抜群。しかも、剥がしたい時には、簡単に剥がれて跡が残らないというスグレモノなのだ。多くのスマホケースにも対応しているようだが、皮やビニールや木などの素材は表面が剥がれてしまうこともあるらしいので要注意。

じつはこのプロダクト、元Apple社でiPhoneの製作に携わっていたJens McNaughtonによって開発されたもの。片手でスマホを扱えるように人間工学に基づいてデザインされているとのことだ。このユニークな形状は、数多くのプロトタイプの実験を通じて採用されたらしい。

注文はまわりの友人とあわせて

世界最大のクラウドファンディング「Kickstarter」で3倍以上の資金調達に成功。現在は、「INDIEGOGO」で、再度、資金調達を行っているがこちらも順調そう。

価格は、1パック3つ入りで10ドル(約1,100円)からとなっている。日本への無料配送を希望する場合は、10パック99ドル(約10,920円)からだとか。まわりに聞けば、欲しいという友人もいるはず。人数を揃えて、注文するのも1つの手だろう。

では、動画でも、そのグリップ力をチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by The Lovly Company
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...