週末にどう?私が「スマホ禁止デー」をオススメする5つの理由

たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるような身近なものですが、改めてみると、あえてそういう日を作ってみようかなーーなんて思えてくるかも。以下、彼女の記事を転載します。

アラームが鳴ると同時に目を覚まし、メッセージとゴシップネタを逐一チェック。アプリでシャワータイム用のプレイリストを作って、8時間働いた後には、9時間のSNS巡回に大忙し。家についたら2時間電話して、ベッドに入ったら元カレをオンラインストーキング。私たちの毎日って、だいたいこんな具合。

みんながスマホを愛用していることは間違いない。理想論をツイートしている人たちだってデバイスを使っているのだ。ポケットに入る小さなコンピューターに感謝しよう。愛する人ともワンタッチで繋がれるし、イライラしたときは無視できる。歩数計や心拍計になるし、健康でいるためのヒントだって教えてくれる。キュートな男の子がいたら右側へスワイプ。これぞ最新テクノロジー。でしょ?

とはいえ、たまにはデトックスが必要だ。スマホは家に置いてもっと心に触れようじゃないか。週末出かけるときでいい。少しだけアンプラグドな時間を過ごしてみよう。きっとそのありがたみに気づけるはずだから。

01.
面倒なことに
巻き込まれない

友だちといつも繋がっていられるのは良いことだけど、問題に発展する可能性だってある。友だちと遊んでいる時にテキストを見ることって必要?無意識に既読無視する可能性が上がってしまうし、もしそれが友だちの別れ話だったとしたら、付き合わなきゃいけないと考えただけでゲンナリ。

スマホがなければ、他人の問題に気を囚われることなく、自分の気持ちに集中できる。散らかった心をクリアにして、ストレスをデトックスできるはず。この話の主人公でいられるのだ。

02.
「オープンな人」
になれる

手元ばかりに目を向けることがなくなり、グッと視野が広がることでしょう。そうすれば、周囲の人々とも繋がりを持ちやすくなる。

誰かに話しかけようとしている人物が、実際どんな人に声を掛けるのかーー。想像してみて。きっと、スマホに夢中になっているあなたではなく、辺りを見ながら何かを探しているような人に話しかけるはず。人は、それだけ人と繋がる可能性をシャットアウトしてしまっているものだ。たまにはオープンに1日を過ごしてみるのもいいのでは?

03.
周りで何が起きているのか、
意識できる

通行人に意識を向けてみて。彼らは決してスマホの画面の中からあなたを見上げているわけではない。そうでしょう?

近所を手ぶらで歩くだけで、素晴らしいことに気づけたの。ビルとビルの間には花壇があった。街角には小さな自転車屋が。ダウンタウンの駅にはチュロスを売るおじさんがいた。今まで気づかなかったものや、偶然の出会いがそこら中にあるの!試してみればわかるはず。

04.
カラダと密に連携できる

全身に集中して、ワークアウトにトライしてみて。自分のカラダが動くパターンを追えば、もっと自分のことを理解できるようになる。

05.
スマホを持った時、
“接続”に感謝できる

しばらくして家に帰り、いつもの場所に座ると、最初はスマホをチェックすることに躊躇するかもしれない。いつもより多めに未読メッセージや通知がたまっているのだ。

でも、その瞬間に繋がっていることに対してありがたみを感じるでしょう。それに、メッセージを開いてみて。いつもよりやる気が出ていることに気づくはず!

Licensed material used with permission by Elite Daily
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...