「週末フィンランド」をオススメする5つの理由

今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行くことをオススメします。フィンランドはそういう気持ちをきれいに拭い去ってくれる場所だとわたしは思っているからです。では週末フィンランドをオススメする理由、5つあげてみますね。お付き合いください。

1. 日本から一番近いヨーロッパ

©岩田リョウコ

フィンランドがある北欧はヨーロッパの一番北にあるので遠そうな印象ですが、実は日本から一番近いヨーロッパはフィンランドなんです。飛行機で9時間ちょっとで着いちゃいます。機内食を食べて、映画を2本見て、ちょっとお昼寝、そして機内食をもう一度食べた頃にはヘルシンキです。意外と近いでしょ?だからそんなに長い滞在期間は必要ではなく、サクッと行って帰ってこられるのがフィンランドのいいところ。

2. 深夜便利用で仕事帰りに空港へ

©岩田リョウコ

日本から意外と近いフィンランドは、週末プラス有給1日か2日で十分満喫して帰ってこられます。しかも仕事終わりに深夜便で向かえば、飛行機に乗っている間に寝て、目を覚ますとヘルシンキ到着です。夜中の移動は現地での滞在時間も長くなりますし、時差ぼけの影響も少なめ。特に夏は極夜で、陽が沈むのは夜10時を過ぎてから。なので、朝からガッツリ行動、そして夜はしっかり寝て時間を最大限に有効活用できるので、週末+αでフィンランドを楽しめちゃいます。

3. 数日で「じぶんの街」になってくれるヘルシンキ

©岩田リョウコ

はじめてヘルシンキへ行った時、街並みも、人も日本とは全然違うのに、不思議と外国で感じる特有の「緊張感」がなく、妙に安心している自分に気づきました。しかも数日の滞在でしたが、ローカルに溶け込んで暮らすように旅行している感覚がありました。

フィンランドへ行くたびに、この安心感はなんなんだろう?と考えてみましたが、たぶんこれはフィンランド人の「余裕のある心」と「寛容さ」からできあがっている空気感なんじゃないかと思います。しかも調べてみると、フィンランドは2018年、世界安全な国ナンバー1に輝いています。もちろんヘルシンキがこじんまりとした街だということもありますが、数日過ごすだけで「じぶんの街」になってくれるヘルシンキ、素敵でしょ?

4. 森と湖とサウナで心の洗濯

©岩田リョウコ

フィンランドは人口550万人に対して、サウナの数はなんと300万以上と言われています。そしてフィンランドには188,000もの湖があり、国土の70%が森。サウナは森の中の湖のほとりに建てられていることが多く、森、湖、サウナのコンビネーションはフィンランド人にとって大切なもの。サウナで汗をかき、湖に飛び込み、森を眺めながらぼーっとしていると、不思議と感謝の気持ちが溢れてくるんです。「わたしは今のままで十分しあわせで、恵まれてる!」とモヤモヤしてたことも、悩んだり迷ったりしていたことは全部吹き飛んじゃいます。

体が気持ちよくなり、体の内側からキレイになることで、心も身体もしあわせを感じるのかもしれません。もしかするとフィンランドが世界幸福度ナンバー1に選ばれているのは、森と湖とサウナのおかげかも?

5. 観光ではなく、体験をしにいく国

©岩田リョウコ
©岩田リョウコ

フィンランドには、パリのエッフェル塔やニューヨークのブロードウェイのような目立つ観光スポットはありません。フィンランドはフィンランドのひとたちの日々の生活にちょっと混ぜてもらったり、彼らがしあわせだと感じていることを、少しマネさせてもらえる「体験の国」なんです。ネットやVRなどで擬似体験が簡単にできてしまう時代に、その場へ行って自分の目で見て肌で感じられる体験は、とっても贅沢なのかもしれないって思います。

なんだかもうフィンランド、行ってみてもいいかも?って思えてきました?それなら思い切って行ってみましょう。意外と近いし、気負うことなく安心感を持って行ける国フィンランドで、心と身体をきれいにして、モヤモヤも悩みも迷いも真っ白にお洗濯して日本に戻ってこれたら、また明日からがんばれるはずです。

そんなわたしのフィンランド体験と旅のガイドが綴られた『週末フィンランド』が、みなさんのフィンランド旅行計画のお役に立てればと思います。

週末フィンランド~ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパへ

「森の中のサウナに入って、オーロラを見たい!」心が疲れたら週末に有給1、2日をつけてフィンランドへ。サウナ発祥の地と言われるフィンランドは、森、湖、オーロラなどの自然からデザインやグルメまで楽しめる「地球で一番しあわせな国」。本書はフィンランド観光局公認サウナアンバサダーの岩田リョウコ氏による、初めての人でも二度目、三度目でも、とにかく週末でフィンランドをたっぷり堪能するための最新情報が満載の1冊です。

Top image: © 岩田リョウコ
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
フィンランドが、EU市民へ“最後のプレゼント”として「AIの基礎を学べるオンラインコース」を無料で提供すると発表。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
フィンランドは2年連続で幸福度ランキング世界一位に輝いています。フィンランドへ何度も行くようになって、フィンランドが地球で一番しあわせな国である理由がすこ...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!