あった。男子禁制の島がフィンランドに

詳しい場所は明らかにされていないが、その島はバルト海にある。ヘルシンキ空港から約2時間ほど移動したところ……らしい。

SuperShe Island」と呼ばれる島には、女性の上陸しか許されていない。だが、男子禁制の理由を聞いたら、納得できるものがあった。

無駄な欲望をなくし
自分にフォーカスする島

写真に写るKristina Rothさんが、この島のオーナーだ。

「Forbes」が選出する「The Fastest Growing Women-Owned Businesses」に名を連ねたコンサルティングファームのCEO、女性企業家としても有名である。

彼女は一般的には成功していると考えられていた「Matisia」を売り払い、女性向けの情報サイト「SuperShe」を次なるビジネスとして始めることに。そのコミュニティーをさらに拡大させる施策の一つが、男子禁制のプライベートアイランドの創設だった。

でも、なんで?

極上のリラックスを提供

リラックスを追求した4つの改装したキャビンに泊まれ、訪れた女性は男性社会のプレッシャーから解放される。他にも、ヨガや瞑想、フィットネスなどの自分を見つめ直すきっかけをくれるアクティビティの体験ができる。

Rothさんはこう言う。

「女性は他の女性と過ごす時間が必要なの。だって、男性との旅は余計な気を使うこともあるし、疲れることもあるじゃない」

異性のいない環境を作りだし、なるべく自分の想いに素直になってもらうのが狙いらしい。女性の気持ちは分からないが、異性の存在で違うところに意識がいってしまう、というのは確かに納得できる。

彼女はこう続ける。

「私は『SuperShe Island』を女性が元気を取り戻せるような場所にしたい。なんの邪魔もされずに自分自身と会話ができるような」

島に女性しか上陸を許されないのには理由があった。Rothさんが生みだしたいのは自分の未来を切り拓くための現代的なサロンなのかもしれない。

実際に宿泊するには高額の旅費が必要になりそうだが……。

Licensed material used with permission by SuperShe
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
♨︎ 純白のメモ ♨︎いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれてい...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、ベイビー・ボックスという段ボール箱を...