あった。男子禁制の島がフィンランドに

詳しい場所は明らかにされていないが、その島はバルト海にある。ヘルシンキ空港から約2時間ほど移動したところ……らしい。

SuperShe Island」と呼ばれる島には、女性の上陸しか許されていない。だが、男子禁制の理由を聞いたら、納得できるものがあった。

無駄な欲望をなくし
自分にフォーカスする島

写真に写るKristina Rothさんが、この島のオーナーだ。

「Forbes」が選出する「The Fastest Growing Women-Owned Businesses」に名を連ねたコンサルティングファームのCEO、女性企業家としても有名である。

彼女は一般的には成功していると考えられていた「Matisia」を売り払い、女性向けの情報サイト「SuperShe」を次なるビジネスとして始めることに。そのコミュニティーをさらに拡大させる施策の一つが、男子禁制のプライベートアイランドの創設だった。

でも、なんで?

極上のリラックスを提供

リラックスを追求した4つの改装したキャビンに泊まれ、訪れた女性は男性社会のプレッシャーから解放される。他にも、ヨガや瞑想、フィットネスなどの自分を見つめ直すきっかけをくれるアクティビティの体験ができる。

Rothさんはこう言う。

「女性は他の女性と過ごす時間が必要なの。だって、男性との旅は余計な気を使うこともあるし、疲れることもあるじゃない」

異性のいない環境を作りだし、なるべく自分の想いに素直になってもらうのが狙いらしい。女性の気持ちは分からないが、異性の存在で違うところに意識がいってしまう、というのは確かに納得できる。

彼女はこう続ける。

「私は『SuperShe Island』を女性が元気を取り戻せるような場所にしたい。なんの邪魔もされずに自分自身と会話ができるような」

島に女性しか上陸を許されないのには理由があった。Rothさんが生みだしたいのは自分の未来を切り拓くための現代的なサロンなのかもしれない。

実際に宿泊するには高額の旅費が必要になりそうだが……。

Licensed material used with permission by SuperShe

関連する記事

フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
フィンランドの生活協同組合「HOK-Elanto」とバス会社「Savonlinja」が共同で企画。バスを利用するお客さんに感染症対策をきちんとしていること...
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
フィンランドは2年連続で幸福度ランキング世界一位に輝いています。フィンランドへ何度も行くようになって、フィンランドが地球で一番しあわせな国である理由がすこ...
2021年欧州グリーン首都に認定されているフィンランドのラハティ市が、世界初の「スキーシェアリング」事業を開始。交通手段としてスキー板を無料で貸し出す。
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
♨︎ 純白のメモ ♨︎いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれてい...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
フィンランドが、EU市民へ“最後のプレゼント”として「AIの基礎を学べるオンラインコース」を無料で提供すると発表。
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...