フィンランドで学んだ「しあわせ」の感じ方

フィンランドは2年連続で幸福度ランキング世界一位に輝いています。フィンランドへ何度も行くようになって、フィンランドが地球で一番しあわせな国である理由がすこしずつ、わかってきたような気がしています。

去年の夏、フィンランド湖水地方の全く人がいない森のサウナへ行ったときのこと。夕方、マジックアワーでピンクに染まる湖にスモークサウナで温まった体で飛び込み、ぼんやり考えていました。フィンランドって「Low expectation, high satisfaction(過度に期待しない。だから、幸せ。)」の国なんじゃないかなと。

©岩田リョウコ

例えば、フィンランドの冬。陽が出るのは朝の10時ごろ。と言ってもせっかく昇った太陽は、夕方のように低い位置にあって、そのまま4時ごろには沈んでしまいます。しかもそれは晴れている日だけ。フィンランドの冬は曇っていたり雪だったり、そんな日ばかり。暗くて寒くて長〜い冬を毎年過ごしているフィンランド人は太陽が出るだけで「今日は太陽が出てる、しあわせ」と言います。ごはんを食べれば「おいしいごはんが食べられてしあわせ」と言いますし。わたしたちが日々の生活で忘れがちな、小さくて普通で当たり前のことにとっても感謝していて、しあわせを感じている人たちなんです。

また、フィンランド人は物質的価値からしあわせを決めていなくて、もっと自分の心と身体がシンプルにしあわせだと感じることを大切にしているような気がしています。例えばモノを買うことで得られる喜びやキャリアで得られる達成感はもちろん気持ちのよいことですが、それは浮き沈みのある幸福感だし、置かれた環境や他の人の影響で変わってしまいがちです。なにをしあわせと感じるかは、人の評価や外側からの影響ではなく、心と身体が自然と感じることにゆだねると、自分の内側から感じられるようになるんじゃないかなと思います。

©岩田リョウコ

そう、もうひとつ。フィンランドでは、小さいときから「人それぞれ違っていていい」って教えられるそうです。学校の勉強でも、日本のように「正解はひとつだけ、それ以外は×」ではなく、どうしてその答えだと思ったのか、その答えにたどり着いた考え方を先生たちは尋ねるそうです。これもフィンランド人が自分のしあわせの物差しを持っている理由かなと思います。

そんなフィンランドに週末プラスαででかけて、シンプルなしあわせの感じ方を自分の心と身体で感じて帰ってこられたら、日本に住んでいてもきっと自分のしあわせの物差しを持てると思うんです。

わたしがそう感じるようになった旅のお話をイラストとエッセイで書いたのが、今回出版した週末フィンランド(2020/2/27発売)です。みなさんがフィンランドへ行こうと思ったときに、旅の参考になればいいなと思います。

週末フィンランド~ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパへ

「森の中のサウナに入って、オーロラを見たい!」心が疲れたら週末に有給1、2日をつけてフィンランドへ。サウナ発祥の地と言われるフィンランドは、森、湖、オーロラなどの自然からデザインやグルメまで楽しめる「地球で一番しあわせな国」。本書はフィンランド観光局公認サウナアンバサダーの岩田リョウコ氏による、初めての人でも二度目、三度目でも、とにかく週末でフィンランドをたっぷり堪能するための最新情報が満載の1冊です。

Top image: © 岩田リョウコ

関連する記事

幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
11月21日と22日の2日間、リアルなフィンランドの夏休みを体験できるイベント「Happy Day in Finland」が開催。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
フィンランドの生活協同組合「HOK-Elanto」とバス会社「Savonlinja」が共同で企画。バスを利用するお客さんに感染症対策をきちんとしていること...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
フィンランドのアイスホッケーリーグ「SMリーガ」は、新型コロナウイルスの影響を受けて、ビデオゲーム「NHL 20」を使用してプレイオフを開催すること決定。...
2021年欧州グリーン首都に認定されているフィンランドのラハティ市が、世界初の「スキーシェアリング」事業を開始。交通手段としてスキー板を無料で貸し出す。
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
♨︎ 純白のメモ ♨︎いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれてい...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
フィンランドが、EU市民へ“最後のプレゼント”として「AIの基礎を学べるオンラインコース」を無料で提供すると発表。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
2021年初春、北欧のデザイン&ライフスタイルブランド「イッタラ」が、直営店とカフェを併設した「イッタラ表参道 ストア & カフェ」をオープンする。
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...