♨︎ 「フィンランド」な入浴剤

♨︎  ♨︎

〈その4〉
チャーリーの
「フィンランドバスソーク 花白樺」
を使ってみたよ


♨︎ 純白のメモ ♨︎

いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれているような心地になり、必要以上に手足をお湯の中から外へ出したり沈めたり。早春、森に咲く白樺の花の香りをまとえば、ひとたびあなたも純白のフィンランダー(フィンランドの森、行ったことないけど!)。

ロウリュ フィンランドバスソーク 花白樺(チャーリー)

炭酸ソーダをベースにした発泡タイプ。天然保湿成分ホホバ油、シベリアモミ油(ボタニカルな油2種類!)、フユボダイジュ花エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス(ボタニカルなエキス2種類!)配合。乾燥がつらいこの季節も、なんだかいけそうな気がする ♨︎

値段:50g 216円(税込)

漫画:のがみもゆこ / 原案・構成:SAI

他の記事を見る
♨︎ 宝石とお花で少女な気分メモ ♨︎小さなパックに入った、氷砂糖状になっているシュガーとカモミールの花。お湯に浸すと、シュガーはたちまち宝石のように輝き...
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
♨︎ 森へのトリップメモ ♨︎コーンフレークを食べ終わったあとのミルクの幸福感、伝わっているといいのですが……。出雲大社や中尊寺にもつかわれる、すばらしき...
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
♨︎ 30分後のメモ ♨︎「うわぁ〜なんという温かさ!」と大げさに言うつもりはありません。ただただひとり静かに、そしてじんわ〜り実感したわけです。それはそ...
♨︎  ♨︎〈その6〉SHIGETAの「ルナバスソルト」を使ってみたよ♨︎ 心とカラダの味方メモ ♨︎「女の子だった頃」は、ウサギがいてお餅をついてるって...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
2階バルコニーに達するほどに成長したわが家のユーカリ(ポポラス)枝葉を落とした週末枯れるのをただ待ってたはずのその枝が玄関先からなくなっていた。「どうぞご...
あなたのバスタイムがリッチになる「H2O1」の『ビタミンシャワーフィルター』の紹介です。
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
顔用のオイルでも化粧水でもいいので、水分をたっぷり含ませたコットンを唇に置いてあげると、じんわりと浸透していく。寝る前って1番しゃべらなくていい時間だから...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
5分以下でできちゃうなんて驚愕。手作り芳香剤でリビングを素敵にアレンジ。
たぶん、史上最高のバスタイム。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...