自宅で温活。酵素風呂屋が作った「入浴剤」

発酵温泉のパイオニアが手がける「入浴剤」がいい感じ。

新宿三丁目「発酵温浴nifu」の利用客を中心に一部で販売されていた酒粕を使った入浴剤が、より使いやすくなってリニューアル

日本酒を作る際にできる副産物は、“かす”といっても栄養分はたっぷり。美容や健康をサポートするだけでなく、朝夕が寒くなってきた今の時期のバスタイムにも活躍してくれる。

©Makuake

さて、その酒粕がまた一級品。奈良県吉野の風土に寄り添う「美吉野醸造」の天然の乳酸菌を巧みに育てる酒造りからできた、乳酸発酵酒粕を使う。香り豊かな酒粕に、エプソムソルト重曹クエン酸を配合した純国産、自然由来の成分でできたオリジナル。それが「発酵温浴nifu at home 酒粕入浴」だ。

そうそう、製造過程で酒粕のアルコールは消失しているため、アルコールの苦手な人子どもでも問題なし。コロナの影響で、天然温泉やスパに足が遠のいていた人はぜひ。

豊かな酒粕の香りに包まれながら、おうちでじっくり温浴効果を感じよう。

©Makuake

入浴剤540g(3パック入)nifuオリジナル柄ミニ手拭い

『発酵温浴nifu at home 「酒粕入浴」』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/nifu_shinjuku/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事