ソムリエによる「入浴剤」。

マンボミュージシャン、ラテンパーカッショニスト、マン盆栽(フィギュアと盆栽の組み合わせ)の家元、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースといった肩書を持つ、パラダイス山元さん。

じつは入浴剤ソムリエでもあります。そんな山元さんがプロデュースしたのが、写真の入浴剤「蔓潤湯椿」です。

メーカーのHPによると「伊豆大島産の椿の実を、伝統の玉締め式で現地搾油した天然椿オイル(保湿成分)を100%使用。芯から冷えたカラダを、ツルツルほっかピカ、しっとりお肌に。ドミニカ産天然ビターオレンジオイルのさわやかで自然な香り」との記述が。

使ってみると、たしかに看板に偽りなし。「ほっかピカ」という表現が当てはまるお湯が楽しめて、香りもフレッシュ。

洗面所の見えるところにわざわざ置いておきたくなる秀逸なパッケージデザインも気になります。こちらは著名なアートディレクター秋山具義さんによるもの。

入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品ですね。

公式オンラインショップで購入可能です。

F73bc63f3cf375cd5897d38726e16c6f681b99f5

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
2階バルコニーに達するほどに成長したわが家のユーカリ(ポポラス)枝葉を落とした週末枯れるのをただ待ってたはずのその枝が玄関先からなくなっていた。「どうぞご...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
顔用のオイルでも化粧水でもいいので、水分をたっぷり含ませたコットンを唇に置いてあげると、じんわりと浸透していく。寝る前って1番しゃべらなくていい時間だから...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
5分以下でできちゃうなんて驚愕。手作り芳香剤でリビングを素敵にアレンジ。
たぶん、史上最高のバスタイム。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...