ソムリエによる「入浴剤」。

マンボミュージシャン、ラテンパーカッショニスト、マン盆栽(フィギュアと盆栽の組み合わせ)の家元、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースといった肩書を持つ、パラダイス山元さん。

じつは入浴剤ソムリエでもあります。そんな山元さんがプロデュースしたのが、写真の入浴剤「蔓潤湯椿」です。

メーカーのHPによると「伊豆大島産の椿の実を、伝統の玉締め式で現地搾油した天然椿オイル(保湿成分)を100%使用。芯から冷えたカラダを、ツルツルほっかピカ、しっとりお肌に。ドミニカ産天然ビターオレンジオイルのさわやかで自然な香り」との記述が。

使ってみると、たしかに看板に偽りなし。「ほっかピカ」という表現が当てはまるお湯が楽しめて、香りもフレッシュ。

洗面所の見えるところにわざわざ置いておきたくなる秀逸なパッケージデザインも気になります。こちらは著名なアートディレクター秋山具義さんによるもの。

入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品ですね。

公式オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「バスタイムには、一切のケミカルな物質や合成物質は不要」とオーガニックコスメブランド「Minery」から新たに発売された入浴剤。入浴は、自分への大事な投資...
♨︎ 宝石とお花で少女な気分メモ ♨︎小さなパックに入った、氷砂糖状になっているシュガーとカモミールの花。お湯に浸すと、シュガーはたちまち宝石のように輝き...
発酵のプロが手がける、自宅で酵素風呂を楽しめる入浴剤。発酵温浴nifu at home 「酒粕入浴」
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
♨︎ 純白のメモ ♨︎いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれてい...
♨︎ 30分後のメモ ♨︎「うわぁ〜なんという温かさ!」と大げさに言うつもりはありません。ただただひとり静かに、そしてじんわ〜り実感したわけです。それはそ...
♨︎ 森へのトリップメモ ♨︎コーンフレークを食べ終わったあとのミルクの幸福感、伝わっているといいのですが……。出雲大社や中尊寺にもつかわれる、すばらしき...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
これまで幾度となく異業種コラボを展開してきた「パインアメ」(パインアメ株式会社)。今度は入浴剤メーカー「株式会社ヘルスビューティー」と、お風呂で楽しめる「...
♨︎  ♨︎〈その6〉SHIGETAの「ルナバスソルト」を使ってみたよ♨︎ 心とカラダの味方メモ ♨︎「女の子だった頃」は、ウサギがいてお餅をついてるって...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
3月26日、英国発のハンドメイドコスメを展開する「LUSH(ラッシュ)」のオンラインストアで、LUSH原宿店限定で販売されていた「バブルバー」29種類に新...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
あなたのバスタイムがリッチになる「H2O1」の『ビタミンシャワーフィルター』の紹介です。
2階バルコニーに達するほどに成長したわが家のユーカリ(ポポラス)枝葉を落とした週末枯れるのをただ待ってたはずのその枝が玄関先からなくなっていた。「どうぞご...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
「JR東日本」は「高輪ゲートウェイ駅」をコンセプトにしたオリジナルエッセンシャルオイルと入浴剤「高輪ゲートウェイ駅の香り」を、3月23日より無人AI決済店...
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...