【乙女限定】今宵、バスルームから空想のトリップへ。

 「乙女心」ってなんですかね?

なかなかはっきりと定義ができないものの、 いまでもわすれらないエピソードがひとつ。

10代の頃、ドラッグストアではじめて手にとった、資生堂の『マジョリカ マジョルカ』のコスメ。きらきらと輝くアイシャドウやネイルカラーを眺めながら、衝撃を受けたわけです。それぞれのカラーに「東京の夜」、「楽屋」、「彼の爪」、「24時」、「素直すぎ」なんてタイトルがついているじゃないですか。

タイトルのシーンに見え隠れする女の子のストーリーを勝手に描いては、(ドラッグストアの棚のまえから)空想の世界へしばしトリップしたものです。

あれは、たぶん乙女心だったんだと思うんですよ。

時はながれて
あの心、再燃しました

あした 花咲く 薔薇園で

急にどうした?って言わないでください。これ、入浴剤のフレーバーの名前なんです。クラシカルなローズの香りの。

はじめて見たとき、『マジョマジョ』のリップをひとつずつ手にとって眺めていた、あの高揚感がふわりとよみがえりました。

バスルームで空想を

“バスルームをもっと自由に。イマジネーションふくらむ自分だけの時間” をテーマにつくられた、この空想バスルームシリーズ。

本の表紙をイメージしてつくられたというこのパッケージも、70〜80年代の『りぼん』とか、陸奥A子先生の漫画作品が好きな人は、もれなくときめくんじゃないでしょうか。

シーンを感じさせるコスメやボディケアアイテムって、大人になっていくにつれて遠ざかった、奥の奥にある乙女心を揺さぶります。たとえば……

ヒュッテですごす祝祭日

ほんのり温まるジンジャーとメイプルの香り。湯色は、きよらかなスノーホワイト。ホリデーシーズンは、このフレーバーで決まりですね。

週末のレモネード

さわやかなハチミツレモンの香り。澄み切ったレモンイエローの湯色。「週末の」っていうところにまた想像をかきたてられます。

グッドナイト流星群

穏やかなリラックスハーブの香り。夜空を想わせるミルキーブルーの湯色。もう無条件に好きです、「流星群」っていうことば。

つぼみふくらむ桜の頃

蕾のように清楚で可憐な桜の香り。やさしいミルキーピンクの湯色。これからの寒い季節、あたたかな春が恋しくなったらこれを。

乙女のバスタイムを
もっと自由に

フレーバー展開は全10種。長くなりがちな冬のバスタイムを、もっと自由に楽しんでみてはいかがでしょう。さまざまなシーンへトリップできる「空想力」は、乙女の特権ですから!

Licensed material used with permission by 株式会社チャーリー
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
たぶん、史上最高のバスタイム。
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
私はかなり空想しがちなほう。人と話していようが夜道を歩いていようが、所構わずどうでも良いことを思い浮かべてしまっています。しっかりしている人から見れば「ね...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...