じつは便利な「ヒモ付き石鹸」。

フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。

使ってみると便利なんですね、ヒモ付き石鹸。

なかでもこの〈ハボンエデニコ〉は、石鹸にもヒモにもこだわりまくっている逸品です。

オフィシャルサイトによると「昔ながらの製法、機械を一切使用せず、完全手作業で製法しています。また、保存料や合成香料など無添加のナチュラルハンドメイドソープ」だそうですが、これは使ってみるとわかります。

人工的な香りや泡立ちは一切なし。そのかわりに天然素材のほのかな香りと洗った後でも肌がしっとりとします。

おもしろいことに、種類ごとに世界中のいろんな地域のクレイ(泥)を使っているそうです。例えば、写真の赤い石鹸はスペイン産のクレイを使用したもの。鉄分を多く含んでいるんだとか。

さらにヒモも手作りで、オーガニックなヘンプを編んだもの。どうりで雰囲気があります。

お店にもよりますが、だいたい1個1,000円ぐらい。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!