石鹸に込められた「いつ届くかわからないメッセージ」

お祝いや感謝など、大切な誰かを思う気持ち──。それらを面と向かって相手に伝えるのは、なかなか照れ臭くて難しかったりしますよね。では、こんな「石鹸の力」を借りてみるのはどうでしょう?

あなたの気持ちを、石鹸に込めて

6401620a5d237445c4e0b1db640061ef77a1a0c5

これは、しばらく使うと中からメッセージが現れる石鹸「Message Soap, in time」。まるで手紙のように時の経過を楽しむギフトセットシリーズで、ネパール発のオーガニックスキンケアブランド「Lalitpur(ラリトプール)」が制作しています。

3adb947d73f82d8ff2269cf318f937cd9afce010Cb1de19d5603f5ff3527125b37fb81bdd7698bafC95142a1a7832d316780912883fc9de5754eed3f

石鹸の中には布地に印刷された、こんなメッセージが入っているそう。

「いつもしっかり伝えられないけれど、ありがとうと思っているよ」

「今晩デートのお誘いをください。なにしろ、もう1ヶ月も待っているんだから」

「何かあったら いつでも電話をしてね。わたしはいつも ここにいます」

「お誕生日おめでとう。早すぎたかな、遅くなってしまったかも。近々会いましょう」

37052346b03e19a216ab6925bf94b5d6cc39b0ea

価格は4,320円(税込)。素敵なサプライズになること間違いなしです。ただし、色のついた紙スリーブを外してから贈るようにしましょう。

渡してから返事がもらえるまでは、数週間から数ヶ月といったところでしょうか。その時間をゆっくりと楽しむのも悪くないかもしれません。相手を驚かせたい、または自分のことを不器用だと思う人はコチラへどうぞ。

Licensed material used with permission by Lalitpur
以前紹介し、特別な贈り物を届けたい人たちの心をギュッとつかんだ「Message Soap, in time」。直接口にして伝えるには少し照れくさい想いを「...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。けれど、これほどひねりが効いていたり、ぶっ飛んでいたり、パンチのあるユー...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
これまでの「くす玉」のイメージを大きく覆す「ミニくす玉」を知っていますか?誕生日や結婚式、子どもの入学祝いや卒業祝いなどのサプライズに最適な「HAPPY ...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
バレンタインデー、愛の伝え方はチョコレートのプレゼントだけとは限りません。たとえば、世界にはこんな面白いアイデアで愛するキモチを伝えるカップルがいるみたい...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
メッセージやメールでの会話が当たり前になった現代。そのおかげで、友だちと予定を立てるのも、恋愛を発展させるのも、ずいぶんスムーズになったのでは?そんな便利...
遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
数年前、まったく知らない外国人の方から、突然Facebookでメッセージが届いた。それもすごく変な日本語で。もしあなたがこのメッセージを受け取ったとしたら...