老舗石鹸メーカーの「製氷機の洗浄剤」

木村石鹸。

1924年創業(大正時代だ)という老舗の石鹸メーカーで、近年は石鹸だけでなく、洗濯用洗剤やキッチンまわりの洗剤など、日常生活で必要なありとあらゆる洗剤を作っている。そのラインナップは多岐にわたるが、なかでもこの時期に注目したいのが「自動製氷機の洗浄剤」だ。

シーズンを問わず、毎日のように使用する製氷機。しかも、氷は口の中に入れるもの。となると、手入れが気になるところだが、しっかりとやってると胸をはれる人は少ないのでは?けれど、この「自動製氷機の洗浄剤」が1本あれば問題なし。使い方はシンプルで、水の代わりに洗浄剤を入れて氷を作るだけ。製氷皿だけでなく手の届かない管の中までしっかり行き渡り洗浄してくれる。

食品添加物にも使用されるクエン酸と梅果汁由来の成分でノンケミカル。1本842円(税込み)。洗浄は一ヵ月に一度がメーカー推奨。

©木村石鹸

新年は(否、日常的に!)キレイな氷でドリンクを楽しみたい!だったらコレだ。

Top image: © 木村石鹸
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
屋外でキンキンに冷えた飲み物を楽しみたいなら、デンマーク発のアイテム「ICEBREAKER POP」が便利。どこでも簡単に氷を持ち運べる&取り出せる革新的...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
一般的な燻製機の手間をすべて排除して、手軽さにとことんこだわった「IBUSIST燻製機」。
創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」が、製造工程で出る通常は処分するはずの「残糸」を使い、丈夫な「軍手」を製造。特別限定品として販売を開始。
イギリスのDanielle Coffeyさんが作成した、各家庭の料理などで残った油脂を数分で石鹸に変えてしまう簡易キット「Sápu」。デバイスに調理後の油...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
「バスタイムには、一切のケミカルな物質や合成物質は不要」とオーガニックコスメブランド「Minery」から新たに発売された入浴剤。入浴は、自分への大事な投資...
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...