割高でも欲しい老舗帆布メーカーの「残糸からできた軍手」

創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」(岡山県倉敷市)が、製造工程で生じる残糸を使って作る軍手を“特別限定品”としてリリースした。

帆布を織る工程でどうしても出てしまう余った糸(残糸)を再利用しようと考え出されたこの軍手。船の帆やテントにも利用される帆布は、タフさが身上。その残糸から作られた軍手は、非常に丈夫で使いやすいのが自慢だ。

この時期、DIYやガーデニングで重宝しそうだが、軍手とわかっていても「汚したくない」なんて気にさせるのは、佇まいの良さか、それとも残糸ゆえひとつとして同じ柄がない希少性によるものか......。

カラバリはモノトーンとイエローの2色。3双セットで550円(税込)。一般的な軍手に比べればたしかに割高。それでも、丈夫なうえ資源を無駄にしないソーシャルグッドな製品と捉えれば、むしろこの価格はアリだと思う。

「タケヤリ」軍手アップ
©株式会社タケヤリ
「タケヤリ」軍手
©株式会社タケヤリ

『TAKEYARI 【特別限定品】帆布残糸の軍手』

【公式ホームページ】

https://takeyari-tex.com/products/workgloves

Top image: © 株式会社タケヤリ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事