「経年変化」と生きる、倉敷帆布のエプロン

ともに年を重ねていく。一生モノのエプロン。

とにかく、そのこだわりがスゴい。そのぶん価格もすごい。(一般販売予定価格3万4800円)

よほど共感できる人でなければ、手にすることはないかもしれない。でも、万人受けの既製品には、ここまでの“想い”を詰め込むことは難しい。

©Makuake
©Makuake

手工芸品がもつ魅力を独自の価値観で伝えるブランド「MOLTEMANI」よりリリースされた、天然染めエプロン。で、デザインを担当したのは、「GREEN FINGERS」を主宰するプラントアーティスト川本諭氏だ。

クリエイティブを刺激する独創的なスタイリングに、妥協なきものづくりの融合。なるほど、このコラボで“こだわり”が生まれないわけがない。

ところで、プロダクトは「経年変化」をキーワードに制作されていることにも触れておきたい。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake

丈夫な8号倉敷帆布は、ベルギー製の旧式シャトル織機を用いて紡績される。染色は、喬木(きょうぼく)の芯材と粉末にした紀州備長炭を熟練の職人の勘を頼りに、化学染料では出せない風合いに染め付ける。

経年変化は、天然染めの帆布生地だけにあらず。

エプロンの縁やベルトは牛の本革を用い、ベルトを通すD型リングは砂型に流しこんでつくる真鍮製。リベットはで仕上げるという、一貫したハンドクラフトへの熱量を感じる。これもまた、使い込むほどに自分だけの“味”を生む。

紡績、染色、縫製、それぞれの生産プロセスにそれぞれの職人の手が介在し、手間と時間をかけにかけて作成されたエプロン。時間の経過とともにマテリアルの持つ風合いに深みが増せば、使い始めよりもぐんと愛着がわくに違いない。

©Makuake

ここ数年、安くていいモノが増えてきた。一方でそれに慣れてしまい、“安い”ことが購買の第一条件になってはいないだろうか。

デザインだけでない製品としての魅力、品質の良さ、モノの背景にあるアイデンティティ、そして最後は、長く愛せるかどうか。何に価値を見出すかは人それぞれ。たしかに……3万円を超えるエプロン、簡単には飛び付けないけどね。

汚れていくのも楽しみのうち。ガーデニングはもちろん、アウトドアアクティビティのモチベーションを引き上げてくれるはず。

MOLTEMANI 帆布エプロン

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/moltemani/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
マスクを衛生的に管理する「真救(マスク)キーパー」を収めるための汎用ケースが登場。倉敷帆布を使用しておりオシャレな4種類のカラーを用意。バッグインバッグと...
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」が、製造工程で出る通常は処分するはずの「残糸」を使い、丈夫な「軍手」を製造。特別限定品として販売を開始。
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
「毎日通えたらいいのに」と、思わずにはいられないカフェ&喫茶店を見つけました。場所は、岡山県倉敷市の、倉敷美観地区(くらしきびかんちく)。「cafè EL...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...