ヘアスタイリストが選んだのは「母手づくりのエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

ヘアサロン「Acotto La'bas」
店長の特別な非売品

ヘアサロンにおけるエプロン着用のシーンといえば、主にブリーチやカラーやパーマの薬剤を使う場面。髪型だけでなくファッションだってお手本にされるであろうヘアスタイリストたち。作業着といえど、こだわりがないとは思えない。

下北沢Acotto La'bas店長の岡本光太さんにもこだわりがあった。普段からワークウェア好きの彼が選んだのは、シルエットがきれいなDULTONのエプロン。機能的にポケットが配された胸当てタイプ……ところが、サロンの日常にワークエプロンはあまりにも堅牢すぎた。

「生地が重すぎて肩がこっちゃって。おまけにシザーベルトとの相性が悪い。かっこいいんだけど、とにかく使い勝手がよくなかった」。

一般的なデニムよりさらに丈夫な16オンスの綿布。腰のサイドまでしっかり巻き込む生地が、同じく腰に装着するシザーベルトを覆ってしまい、商売道具のハサミやダッカール(髪留めピン)を取り出しづらい。仕方なくエプロンの上からベルトを巻くと、今度はその重さがさらに肩へとのしかかるという悪循環。

そんな不便さに頭を悩ませていた折、救世主が現れた。

©YUJI IMAI

「義理の母にお願いしてつくってもらったんです」。

写真に映るエプロンの出自の意外さに面食らった。聞けば、お義母さんは洋服のパタンナー、デザイナーとして活躍されていたお方。岡本さんの嘆きを聞き、ならばサロン仕様のエプロンをつくってあげよう、となったそう。

飾りっ気のないシンプルなつくりだが、機能性に特化したヘアスタイリストのための道具。スタイルにもビシっとハマる。

求めたのは軽さと機動性

工夫は随所にある。たとえば大きめにつくられた左右のポケット。ゴム手袋をごそっと収め、ダッカール(髪留めピン)を並べてはさむのに十分な幅と深さを担保している。膝下までと長めにとった丈も動きやすいようスリット入りだ。

「椅子に腰掛けてカットするときにスリットがないと突っ張ってしまってやりにくかったんですよね。立ったり座ったりするときのストレスも格段に減りましたよ」。

特筆すべきはシザーケースとの棲みわけ。胸当てエプロンの場合どうしても腰の脇に巻き込んでしまうところ、両脇から腰へのラインを短くすることで、腰紐を結ぶ位置が自然と高くなるよう設計。これでシザーケースとの共存が可能となった。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

ワークウェア調のベージュを選んだのは、岡本さんの遊びごころ。カラー剤がペンキのようにエプロンに重なっていく、その経年変化を楽しもうというのが狙いだ。余分な装飾を排してシンプルであることに徹したヘアスタイリストのためのエプロン。どこを探しても見つからない。

取材協力:Acotto La'bas

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...