上半身だけで主張するエプロン。手がけたのはVAINL ARCHIVE!

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

hello! from GOOD MEALS SHOP
バリスタのやる気を引き出す一着

都心のコーヒースタンドの中にはとんでもなく小さな店舗があるが、渋谷区神南のhello! from GOOD MEALS SHOPもかなりのもの。カウンターの小窓からはバリスタ荻原将司さんの上半身だけが見える。だが、エプロンは十分すぎるほど主張している。

剣先にかけて長めに残した首紐はレザー。素材のやらかさが伝わってくる濃紺の胸当て。表地に配した真っ白いタグもいいアクセントになっている。このエプロン、ドメスティックブランドVAINL ARCHIVEとのコラボで生まれた代物。GOOD MEALS SHOP二子玉川店のオープンに合わせて製作されたもの。

「デザイナー大北幸平さんのものづくりに対する実直な姿勢や取り組みかたに、ウチのオーナーが共感したと聞いています。この人ならば自分たちが働く環境になじむ、おしゃれな作業着をつくってくれるんじゃないかって」。

プライベートでもVAINL ARCHIVEに袖を通す萩原さん。大好きなブランドのエプロンを仕事でも身につけられる。それが彼のモチベーションにもなっていた。

エプロンに合わせて
ファッションを考える

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

リネン混紡の生地はやわらかく軽量。これなら首紐がレザーでも、かかる負担は大きくはない。いや、首に多少負担があったとしても、この微妙に長め残しのレザーがリネン特有の質感の良さにエッジを立てているようで、とにかくかっこいい。

「ありそうでないもの」をコンセプトにおくVAINL ARCHIVEらしく、過度な装飾がなくとも主張するところはちゃんと主張する。ゆえに、どんな服にも合わせやすいと萩原さん。

「自分の中ではネクタイと一緒で、胸当てのエプロンでビシッとキメたい。コーヒーショップといえどラフになりすぎるのはダメだと思うんです」。

単なるファンというだけでなく、エプロンを知る人間の実感のこもった言葉だ。

カウンターに対峙するお客にも、少なからず伝わるものがあるんだろう。ドリップが落ちきるまでのわずかな時間、お客との何気ないやり取りのなかで自分が愛するブランドやエプロンに話題が至るときがある。「YES!」萩原さんが心の中で拳を握る瞬間だ。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

VAINL ARCHIVE
デザイナー大北幸平によって2009年に誕生したアパレルブランド。実力派東京ブランドとして支持され、近年は海外ブランドとのコラボレーションを積極的に行う。

取材協力:hello! from GOOD MEAL SHOP

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!

関連する記事

辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
ともに年を重ねていく。一生モノのエプロン。とにかく、そのこだわりがスゴい。そのぶん価格もすごい。(一般販売予定価格3万4800円)よほど共感できる人でなけ...
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...