上半身だけで主張するエプロン。手がけたのはVAINL ARCHIVE!

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

hello! from GOOD MEALS SHOP
バリスタのやる気を引き出す一着

都心のコーヒースタンドの中にはとんでもなく小さな店舗があるが、渋谷区神南のhello! from GOOD MEALS SHOPもかなりのもの。カウンターの小窓からはバリスタ荻原将司さんの上半身だけが見える。だが、エプロンは十分すぎるほど主張している。

剣先にかけて長めに残した首紐はレザー。素材のやらかさが伝わってくる濃紺の胸当て。表地に配した真っ白いタグもいいアクセントになっている。このエプロン、ドメスティックブランドVAINL ARCHIVEとのコラボで生まれた代物。GOOD MEALS SHOP二子玉川店のオープンに合わせて製作されたもの。

「デザイナー大北幸平さんのものづくりに対する実直な姿勢や取り組みかたに、ウチのオーナーが共感したと聞いています。この人ならば自分たちが働く環境になじむ、おしゃれな作業着をつくってくれるんじゃないかって」。

プライベートでもVAINL ARCHIVEに袖を通す萩原さん。大好きなブランドのエプロンを仕事でも身につけられる。それが彼のモチベーションにもなっていた。

エプロンに合わせて
ファッションを考える

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

リネン混紡の生地はやわらかく軽量。これなら首紐がレザーでも、かかる負担は大きくはない。いや、首に多少負担があったとしても、この微妙に長め残しのレザーがリネン特有の質感の良さにエッジを立てているようで、とにかくかっこいい。

「ありそうでないもの」をコンセプトにおくVAINL ARCHIVEらしく、過度な装飾がなくとも主張するところはちゃんと主張する。ゆえに、どんな服にも合わせやすいと萩原さん。

「自分の中ではネクタイと一緒で、胸当てのエプロンでビシッとキメたい。コーヒーショップといえどラフになりすぎるのはダメだと思うんです」。

単なるファンというだけでなく、エプロンを知る人間の実感のこもった言葉だ。

カウンターに対峙するお客にも、少なからず伝わるものがあるんだろう。ドリップが落ちきるまでのわずかな時間、お客との何気ないやり取りのなかで自分が愛するブランドやエプロンに話題が至るときがある。「YES!」萩原さんが心の中で拳を握る瞬間だ。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

VAINL ARCHIVE
デザイナー大北幸平によって2009年に誕生したアパレルブランド。実力派東京ブランドとして支持され、近年は海外ブランドとのコラボレーションを積極的に行う。

取材協力:hello! from GOOD MEAL SHOP

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Pogues(ザ・ポーグス)の『Fairytale Of New York』です。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
アメリカでオルタナティブなビタミンDを摂取する方法を紹介します。「Butthole Sunning」です!
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
原宿駅から徒歩2分の立地にあるカフェ「dotcom space Tokyo」。ここには、「Drip」という名の自動ハンドドリップマシーンが設置されていて、...
茶室がテーマの泊まれる部屋は全10室渋谷にあるホテル併設型アパレルショップhotel Koé tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7ht...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。