鎌倉のコーヒーショップとTAYLOR STITCHのコラボエプロン

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

VERVE COFFEE ROASTERS
米西海岸と鎌倉をつなぐエプロン

米西海岸サンタクルーズで創業したVERVE COFFEE ROASTERS。新宿、表参道にもショップはあるが、足を伸ばして鎌倉・雪ノ下店というのもいい。散策の小休止、ドリップしたてのコーヒーと、開放的な空間と、ロング丈の濃紺エプロンが迎えてくれる。

シュッと膝下までのデニム地。真っ先に目が行くのは、胸元にかけて大きく配した白のロゴ。店名の下にもうひとつの店名TAYLOR STITCHが並ぶ。サンフランシスコ発のシャツブランドで、国内唯一のアンテナショップが鎌倉・七里ヶ浜にある。

「海と山に囲まれ、サーフィンに山登りに楽しめる鎌倉がサンタクルーズを彷彿させると鎌倉出店を考えていたとき、TAYLOR STITCHよりお声をかけていただいたそうです」。

とは、マネージャー吉澤祐介さん。サンフランシスコにも展開するVERVEとロケーション的にもリンクする。もともと創業者同士に親交があったそうだが、コーヒーとファッション、カリフォルニアのストリートカルチャーとのつながりも強い。コラボが実現するまでに時間はかからなかった。

©YUJI IMAI

肩肘張らない“自然体”を
エプロンで表現

鎌倉店のオープン当初、スタッフたちはサンタクルーズ(本店)から支給されたエプロンを着用していた。ところがどうにも丈が短い。膝丈上で長身のスタッフだとつんつるてんになってしまい、評判はイマイチだったという。

「気候のいいサンタクルーズでは、半ズボンでお店に立つスタッフが多いみたいなんです。そこで丈を短めにしてつくったんじゃないかな。日本ではなかなかサービス業で短パンってわけにもいきませんからね。それで丈を若干長くとってもらいました」。

デニムトーンこそ本家の踏襲だが、素材も、紐も、丈の長さも、日本人の体格に合わせてつくりかえたおかげで、着心地もスタッフの評判も格段に良くなった。ちなみに、現在国内3店舗で使用されている。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

ピンや缶バッジで個性を発揮。

モデルを買って出てくれたのはバリスタ長谷川カンナさん。店名が入ったオリジナルTシャツで店に立つスタッフもいるなか、私服にエプロンが彼女の定番。

「もう1年半くらい使っていますが、少しずつ色落ちしてきました。よく擦れるところはウォッシュをかけたみたいで、デニムジーンズのように楽しんでいます」。

仕立ての良さは折紙付だが、敷居の高さを感じさせないちょうどいい抜け感もある。そこが抜群にカッコイイ。

©YUJI IMAI

TAYLOR STITCH
サンフランシスコ発の上質なカスタムメイドオーダーシャツからスタートしたブランド。西海岸のライフスタイルを落とし込んだアイテムが人気。

取材協力:VERVE COFFEE ROASTERS

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...