地元のカフェでコーヒーを飲むだけで報酬1000ドル!ただし「スタバ」は禁止

スモールビジネスをサポートする米コミュニティ「Business.org」が、コーヒーラバーに向けたユニークなアルバイトを募集している。

そのアルバイトの内容とは、地元に根ざしたローカルカフェを1ヵ月で最低8店舗以上巡り、レポートするというもの。報酬は1000ドル(うち250ドルは前払いでコーヒー代に充てられる)。悪くない。

コーヒー好きであることや、SNSネイティブであることはもちろんだが、応募条件には、新作は欠かさずチェックする“自称スタバフリーク”という項目も。つまりは、日頃から大手チェーン店に通う人たちに、地元に根付いた小規模カフェを利用してもらうことで、それぞれを比較したり、情報を拡散させるという意図がある。

おいしい想いもできて報酬1000ドルとは、いささか大盤振る舞いとも思えなくない。だけど、「食べログ」にせよ「Yelp」にせよ、ユーザーの口コミほど影響力のあるものはない……か。

Top image: © iStock.com/Peopleimages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
10月9日(水)〜25日(金)の間、東京・大阪の6ヵ所のビジネス街に“旅するコーヒースタンド”と銘打った移動式カフェが出現。「MONTBLANC(モンブラ...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?