ロースターおすすめの「コーヒー豆」が届くサブスクサービス

9月上旬、株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX(カフェ パス・ボックス)」を開始する予定。

毎月、利用者に届く豆(粉も選択が可能)には、シングルやブレンド問わず、イチオシのものを厳選。また、ロースターのこだわりや店舗紹介を記載したカードなども同梱。こだわりの豆をただただ届けるのではなく、焙煎する人の想いも届けようというのがこのサービスの目的でもある。

オープンに先駆け、8月9日からは「CAMPFIRE」で事前予約の受け付けを開始した。

我こそはコーヒーラバーという人にはオススメのサービス。飲んだことのないコーヒーに出合えるチャンスかもしれない。

Top image: © 2019 Same Sky
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
「Apple」は、9月16日におこなわれたオンラインイベントを通して、「Apple One」と名付けられたサブスクリプションサービスのバンドル(一式)を発...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
北海道・札幌の北18条駅付近で朝ごはんを済ませようとカフェ「CITY OASIS」に入ったら、コーヒーとお粥のセットが目に入った。いまや和食にコーヒーを合...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。