えっ、ジャック ダニエルの「コーヒー」があるって?

アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。

ボリューム感のある四角いボトルに満たされた琥珀色に、黒地に白文字ラベルというハードボイルドなデザインは、お酒好きでなくともおなじみでしょう。

7bb751082080279e6a25ee7d15372c60dd0cce86

ただ、そんなジャック ダニエルに「コーヒー」がラインナップされていることは、あまり知られていない事実かもしれません。しかも、ウイスキー風味とのことですが…。

テネシーの魂を閉じ込めた
こだわりコーヒー

2cb292ae9647b853c03e886ae08ab3171294210c

でも、ジャック ダニエルのコーヒーってどういうこと?アルコールは含まれているの?いろいろ気になるところです。

「私たちは、ジャック ダニエルの「Old No.7」で焙煎したアラビカ豆を100%使って、独自の製法でコーヒーを作りました。

焙煎は丁寧にミディアムローストで仕上げていて、とてもリッチな味わいです。キャラメルとバニラの香りのなかから、確かにジャック ダニエルの風味を感じるとることができる、こだわりの逸品なんです」

つまり、アルコールは一切含まれていないけれど、ウイスキーの風味ははっきりするということ。なんとも贅沢ですね。インスタントなどに使われるロブスタ種ではなく、栽培が難しい代わりに、香りのよいアラビカ種のコーヒー豆を使用していることからも、その本気度が伝わってきます。

9074fb086d270e5a173bd6e7a386c80a1dc5e475

そもそも今回の商品は「World of Coffee社」とのコラボレーション。

なぜこの会社をパートナーに選んだかというと、「毎日良いものを目指して作り続けていたら、いつか絶対に最高のものを作り上げることができる」という、ジャック ダニエル氏の言葉と同じ信念を持っていたからだそう。

ところで、日本上陸は?

お酒が苦手な人も、はたまたお酒は好きだけど今日は酔うわけにはいかない…というときも、伝統あるウイスキーの香りを楽しめます。ぜひとも実際に飲んでみたいところですが、日本ではまだ未発売。アメリカの担当者によると「これから販売を広げていく予定だから、ちょっと待っててね」とのこと。

ジャック ダニエル氏が1866年に編み出した製法を未だ受け継ぐ、伝統のウイスキー。その豊満な香りを爽やかな朝に味わえる日が来るのを楽しみに待ちましょう。

Licensed material used with permission by JACK DANIEL'S COFFEE
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...