熱々のホットコーヒーが「たった1分」で飲み頃になるマイボトル

オフィスやおうちで仕事、作業のお供に欠かせないのが熱々のホットコーヒー。でも、マグカップではすぐに冷めてしまうし、保温ボトルではその高すぎる保温性ゆえ、うっかり口の中を火傷した経験のある方も多いのでは?

そこで開発されたのが、新発想の温度調整ボトル「DOCA」だ。

急速冷却カップと保温ボトルがひとつになっており、100℃のお湯がたった1~2分で飲み頃になり、さらにその飲み頃が6時間以上も続くという。

その秘密は、ステンレス二層構造に内蔵された"温度制御素材"。この素材の温度感度は、人が丁度飲み頃と感じる40~60℃に設定されており、それより温度が高い場合、素早く吸熱する性質を備えている。航空や軍事などの幅広い分野で採用されている特殊なものなのだとか。

現在、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて先行販売中。電力も使わないので、エコ!

©2020 鑫三海株式会社

DOCA

【クラウドファンディングサイト】

https://greenfunding.jp/afustore/projects/3679/

Top image: © 2020 鑫三海株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「Jot」のボトルエスプレッソが簡単に本格的なコーヒーを愉しめると話題に。スプーン1杯分の「Ulrta Coffee」とホットミルクや氷などをお好みで混ぜ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。