クラファン初日で418万円を集めた「ポータブルエスプレッソマシン」

「Makuake」で先行発売をしたところ、公開からたった1日で支援金額418万円を突破したモンスターアイテムがある。ポータブルエスプレッソメーカー「Flair Espresso PRO2」。

©Makuake
©Makuake

日常にコーヒーメーカーは必須でも、エスプレッソマシンとなるとどうか。なんてそもそも論はさておき、価格、サイズ、メンテナンス……つきまとう三重苦。だが、Flair Espressoはそれらすべてを解決してしまうポテンシャル。付け加えるなら“ポータブル”というのもおもしろい。

©Makuake

機械工学と生物医学機器分野のスペシャリストが開発に6年をかけ、30のプロトタイプを経て、ようやくたどり着いたこのデザイン。

写真を見てもわかる通り、電気不使用。直接火にかけて蒸気圧を使うわけでもない。コーヒーの抽出をおこなう構造は“万力”だ。

挽いたコーヒー豆と熱湯を専用プレス容器に入れて、ハンドルを下ろし圧力をかけると濃厚でクレマたっぷりのアロマが抽出される仕組み。統合圧力計を搭載することで、自宅でもバリスタ同様に圧力をコントロールすることもできる。

もったいぶって最後に価格のご紹介。

予定販売価格は4万3780円(税込)。営業妨害レベル(笑)。と思いきや、実際、パリスタはじめ業界のプロたちからも愛用され、世界のコーヒースタンドでもすでに使われているっていうじゃないか。

プロジェクト終了まで40日を残した2019年12月20日の時点で、すでに目標額の3000%越え。モンスタープロダクトの概要は、こちらから。

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
レバーを下ろすだけでどこでも簡単に本格的なエスプレッソが楽しめる小型エスプレッソメーカー「レバープレッソ(LEVERPRESSO)」をご紹介。
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
「Jot」のボトルエスプレッソが簡単に本格的なコーヒーを愉しめると話題に。スプーン1杯分の「Ulrta Coffee」とホットミルクや氷などをお好みで混ぜ...
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
イギリス発のコーヒー器具メーカー「ROK Coffee」が、自身が手がける「手動エスプレッソメーカー」を、2年の歳月をかけて大幅に改良。クラシックなデザイ...
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
イギリスから日本初上陸したポータブルコーヒーメーカー「Brewer Mug」。今月16日から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタート。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の...
茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
ルイボスティーブランド「red espresso」の日本上陸を記念したポップアップ企画が先週6日(土)から今春5月5日(水)までの期間限定開催。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...