クラファンで話題となった「冷蔵機能付きコーヒーテーブル」がついにリリース

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の特徴だ。

存在感もボリュームもあるので設置する場所は選ぶものの、スピーカーやLEDライトが搭載され、さらにはスマホなどのワイヤレス充電にも対応しているとなれば、世のガジェットフリークの支持を集めるのも当然。

また、Google Homeが内蔵されており、話しかけると冷蔵庫のフタが自動で開くというのも新しいもの好きの心をくすぐるポイントだ。

「Coosno」は、68本の350ミリ缶を収められる「Coosno Bar」と32缶を入れられる「Coosno Home」の2サイズ展開を予定しており、それぞれ約10万円と約8万6000円で販売とのこと。

便利な“インテリア”ととらえるか、デザイン性の高い“家電”と考えるかはそれぞれだが、これがひとつの“ミライのカタチ”であることは間違いない。

Top image: © Coosno
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...