NY・ブルックリンの小さな工場で、「廃材」はお洒落なテーブルに生まれ変わっていた

個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。NYの街で古くなって誰かが捨てたものを、ブルックリンの小さな工場でおしゃれに生まれ変わらせていてます。



NY中から集めた廃材でつくる
一点もののテーブル

ブルックリンにあるクラフトメーカー「Made By Woodhand」。ここでは主に家屋の廃材となった材料をNYとその周辺地域からかき集めて、オリジナル家具にリメイクして販売しています。ピックアップトラックの荷台に乗せ、集められた廃材は、サイズも厚みもバラバラ。これを小さなピースにカットして寄木細工の要領で組み合わせていくのがMade By Woodhandクラフトの特徴です。

アメリカンキルトを意識した
幾何学模様を寄木で表現

廃材を使って新たにインテリア家具を生み出すのは、Emilie Boismainさん。生まれ育ったアメリカ南部アラバマ州の伝統文化である、「アメリカンキルト」の幾何学模様にインスピレーションを得て、寄木張りのデザインを思いついたんだそう。小さく裁断した廃材のピースを、パターンに合わせて組み合わせながらデザインをイメージしていくんだとか。

これまでに付き合いのある解体業者を回って仕入れる廃材は、主に松やカエデ、チェリーウッド、オーク、パインツリー、杉など。その種類は多岐に渡ります。それぞれの色味を巧みに組み合わせていくと、廃材に新たな息吹が注入されたまったく新しいテーブルとして生まれ変わります。

一つひとつのピースをパズルのように組み合わせていくと、美しい文様のできあがり。

それぞれの廃材の風合いやくたびれ感をそのまま残した作品。

こちらは、色のパターンを組み合わせてヘレンボーン調に仕上げたラウンドテーブル。

他にもおしゃれな掛け時計や、

ヘッドボードも。

誰かがいらなくなったものを再利用して別のモノに生まれ変わらせる。こういうモノを捨てずに有効利用する感覚が、すでにクラフトマンシップのなかでグローバルスタンダードだということがよく分かる一例ですよね。

Licensed material used with permission by Emilie Boismain, (Instagram)
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
「ReBuilding Center JAPAN」を運営している東野唯史さん、華南子さん夫妻は、空間デザインをしながら日本各地を転々とする中で、古い建物の...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...