NY・ブルックリンで大人気のブラウニーは、異色の経歴を持つふたりが生み出している

ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を求め、週末になると大勢のニューヨーカーが店に足を運んでいる。

そう聞くと、どんな特徴でどんな味なのか、なんてことが当然気になるはず。でも、あえてそれらは後回し。

ここで伝えたいのは、そんな美味しいスイーツを誰が作っているのってこと。そのストーリーにこそ、自分は面白みを感じたから。

「カップケーキを超える
アメリカのスイーツを生み出したい」

Photo by Brian Kennedy

レナート・ポリアフィート(右)とマット・ルイス(左)。この2人が2005年に開いたのが「BAKED」。一気に大人気店へと成長させただけに、スイーツ業界でどれだけ華々しいキャリアを歩んできたのかと思いきや、前職は完全に畑違い

実は、前者はグラフィックデザイン、後者は広告の世界を生きてきた。ただし、両者に共通しているのは、根っからのスイーツマニアであること。

「Eater」によると、「カップケーキを超えるアメリカのデザートを」という熱い想いのもと、ふたりでお菓子作りをスタートさせたようだ。

「NYにはたくさんのスイーツ店があるのに、提供しているのはどれもフランス流やイタリア流。アメリカのものといえば、カップケーキしかなかった。

カップケーキは嫌いじゃないけれど、チョコチップクッキーやブラウニーはない。これらは本当に作るのが難しいからね。でも、だからこそ始めようと思ったんだ」

Photo by Brian Kennedy

目指したのは、
「アメリカっぽいブラウニー」

熱い想いはまだまだ続く。

「とにかく、アメリカのスイーツに光を当てたかったブラウニーは絶対にアメリカのスイーツだから。フランスのそれはあまりにもケーキっぽい。だから僕たちは、アメリカっぽいブラウニーを作ろうとした」

そうして生まれたブラウニーがこちら

Photo by Brian Kennedy

これが「カップケーキを超えるアメリカのデザート」を目指して作られたブラウニーだ。外はサクサク、中はしっとりを実現。アメリカのスイーツに甘すぎる印象を持っている人も多いだろうが、砂糖の量も控えめで甘すぎないのが「BAKED」の特徴。

さあ、そろそろ食べてみたくなってきたのでは?ここでもし「ブルックリンでしか食べられない」と言われると、さすがに消化不良というもの。でも、安心してほしい。8月24日に、日本で初めて伊勢丹新宿店に店舗がオープンしている。

異色のふたりが生み出した、アメリカっぽいブラウニー。ぜひともお試しあれ。

Reference:Eater
Licensed material used with permission by Baked
他の記事を見る
11/22表参道にオープンした日本初となるラルフローレンのカフェ。なかでもイチ押しはこのブラウニーです。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
“フレッシュなとうもろこしをバター醤油で香ばしく焼き上げ、とうもろこし味のソフトクリームにとうもろこしジャムをトッピング”。神宮前にあるドミニクアンセルベ...
NYで大人気のロブスターロールのフードトラック看板メニューは日本限定「わさび醤油×レモンバター」Luke's Lobster東京都新宿区新宿三丁目17-2...
赤ワインにダークチョコ。口に含んで鼻に抜ける香りをしみじみ味わえば、どちらも至福のひとときをもたらしてくれます。もともと好相性なこのふたつですが、ここ数年...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。