NY・ブルックリンで大人気のブラウニーは、異色の経歴を持つふたりが生み出している

ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を求め、週末になると大勢のニューヨーカーが店に足を運んでいる。

そう聞くと、どんな特徴でどんな味なのか、なんてことが当然気になるはず。でも、あえてそれらは後回し。

ここで伝えたいのは、そんな美味しいスイーツを誰が作っているのってこと。そのストーリーにこそ、自分は面白みを感じたから。

「カップケーキを超える
アメリカのスイーツを生み出したい」

Cfd31e67170a319b151ffb91141fabebe0eda605
Photo by Brian Kennedy

レナート・ポリアフィート(右)とマット・ルイス(左)。この2人が2005年に開いたのが「BAKED」。一気に大人気店へと成長させただけに、スイーツ業界でどれだけ華々しいキャリアを歩んできたのかと思いきや、前職は完全に畑違い

実は、前者はグラフィックデザイン、後者は広告の世界を生きてきた。ただし、両者に共通しているのは、根っからのスイーツマニアであること。

「Eater」によると、「カップケーキを超えるアメリカのデザートを」という熱い想いのもと、ふたりでお菓子作りをスタートさせたようだ。

「NYにはたくさんのスイーツ店があるのに、提供しているのはどれもフランス流やイタリア流。アメリカのものといえば、カップケーキしかなかった。

カップケーキは嫌いじゃないけれど、チョコチップクッキーやブラウニーはない。これらは本当に作るのが難しいからね。でも、だからこそ始めようと思ったんだ」

Bfeeddcdbe34721769be0ea6de27ad2df93b2843
Photo by Brian Kennedy

目指したのは、
「アメリカっぽいブラウニー」

熱い想いはまだまだ続く。

「とにかく、アメリカのスイーツに光を当てたかったブラウニーは絶対にアメリカのスイーツだから。フランスのそれはあまりにもケーキっぽい。だから僕たちは、アメリカっぽいブラウニーを作ろうとした」

そうして生まれたブラウニーがこちら

B628d5d12cab8aa5176142f642b65381f7795c59
Photo by Brian Kennedy

これが「カップケーキを超えるアメリカのデザート」を目指して作られたブラウニーだ。外はサクサク、中はしっとりを実現。アメリカのスイーツに甘すぎる印象を持っている人も多いだろうが、砂糖の量も控えめで甘すぎないのが「BAKED」の特徴。

さあ、そろそろ食べてみたくなってきたのでは?ここでもし「ブルックリンでしか食べられない」と言われると、さすがに消化不良というもの。でも、安心してほしい。8月24日に、日本で初めて伊勢丹新宿店に店舗がオープンしている。

異色のふたりが生み出した、アメリカっぽいブラウニー。ぜひともお試しあれ。

Reference:Eater
Licensed material used with permission by Baked
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
“フレッシュなとうもろこしをバター醤油で香ばしく焼き上げ、とうもろこし味のソフトクリームにとうもろこしジャムをトッピング”。神宮前にあるドミニクアンセルベ...
赤ワインにダークチョコ。口に含んで鼻に抜ける香りをしみじみ味わえば、どちらも至福のひとときをもたらしてくれます。もともと好相性なこのふたつですが、ここ数年...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
2010年に米・カリフォルニア州で生まれた大人気アイスクリームショップが、東京・千駄ヶ谷にオープンし話題となっています。というのも、このお店で食べられるの...
家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie H...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...