フォーク不要、これが「新しいパスタ」のスマートな食べかたです。

正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それでいうと、このドーナツも完全にソッチ系だろうな。

スパゲッティが
フィンガーフードになりました。

いまブルックリンで大注目の新感覚パスタがこちら。もう見たまんまですがパスタ×ドーナツの「Spaghetti Donut」、どストレート。イタリア人が見たらトホホ…なビジュアルかもしれないけど、これがバカ売れ状態だとか。

トラディッションとイノベーションのコラボです!」なんて、ちょっと大げさだけど、目のつけどころがGOODな専門店「Pop Pasta」によると、どうやらベースはスパゲッティ・パイだそう。

もともとイタリア(とくにナポリ周辺)では、食べ残ったパスタに野菜やお肉、チーズを合わせて卵でとじた、オムレツに近い「frittata di spaghetti」があるですが、これがアメリカ人に大ウケ。たっぷりチーズをアドオンしてつくるスパゲッティ・パイにインスパイアされて誕生したのがこのドーナツ。

専用の型にパスタを入れて揚げるという、なんともBomba di Carolina(カロリー爆弾)なヤツ。だけど、これは間違いなくウマいやつだ!

バリエーションはパスタの数だけ

定番の5種類からスタートしたそうですが、それこそバリエーションはパスタの数だけ。ありそうでなかった、“揚げパスタドーナツ”の世界はまだまだ広がりそう。

これならソースが跳ねる心配もないだろうし、フィンガーフードとしても秀逸。しっかし、まさかスローフード×ファストフードが成立しちゃうなんて…。

Licensed material used with permission by Pop Pasta
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...