野菜を食べて、ジャンクフードをやめさせるナイスな仕組みとは?(アメリカ)

2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題である」と発言したことがニューヨーク・タイムズ紙にも掲載され話題になりました。

すでにメキシコでも糖分の高い炭酸飲料やポテトチップスなどの加工食品が課税対象となっており、アメリカでも同様の変化が見られるようです。

ジャンクフードに課税開始!
健康食品は非課税に

junk food_103153757

一部地域ではありますが、2015年4月にはアリゾナ州ナバホ自治区で糖分、塩分、脂肪分が高いスナック菓子やファストフード、缶詰製品などに課税が導入されました。5%ある売上税に加え、ジャンクフード税が2%加算される仕組みです。

実は、同地域では健康的な食品(野菜や果物)への課税が2014年10月に撤廃済み。2020年に改めて税率を改定する予定で、いわばテストのような試みと言えそうですが、住民の健康に寄与できるのはないかと期待があります。

一方、ロサンゼルス・タイムズ紙には効果がプラスに働かないのではないかと懸念する声も。

貧困層にとっては逆効果?

junk food86665654

「フルーツが安くなるのは素敵だけど、年金も同時に減ってあまり効果はないと思うわ」

そう語るのはナバホ自治区に住む54歳の女性。彼女の暮らしているエリアは40%もの非雇用者を抱えている貧困地域で、肥満や糖尿病患者の割合が高いことでも知られています。

Mother Jonesによると、ナバホ自治区は十分な野菜やフルーツを取り揃えている店舗自体が少なく、北海道本島並みの広大な土地に対し、生鮮食品を扱う店が10店舗しかないのだとか。そのため、保存のきく冷凍食品やジャンクフードに頼らざるを得ないのではとの意見も。

税収で健康を支援!

junk food242603446

アメリカ心臓協会によれば、国防省契約監査局(DCAA)がこの税収によって生まれる200~300万ドル(約3億5千万円)を基にした住民の健康管理プロジェクトを計画中。その予算の一部を散歩用のウォーキングトレイルやコミュニティ用の施設の設立費、必要なエクササイズ用品の購入費へと充てる予定です。

カリフォルニア州・バークリーでもソーダ税が導入され話題になりました。タバコと同じように、好ましくない食品の税率を上げて健康的な食生活を促す意図もあります。が、もちろんジャンクフードから得られる税収によって社会的なサポートが充実することも考えられます。

ジャンクフード税や健康食品の税率緩和が今後生活や健康にどう影響するのか。もしも日本で始まったらと考えると、新鮮な食品が安くなるので手放しに喜んじゃいそうですが。それでは単純すぎるのでしょうか?

Reference:The New York Times,Los Angels Times,
Mother Jones,AHA

インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
商品の魅力を大きく左右する、パッケージデザイン。思わずパケ買いしたら「予想してた味と違った…」なんて、がっかりすることもしばしば。でも、今回ご紹介する作品...
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、個性豊かなフードトラックの中から、特に注目すべき5つを選んでもらいました。
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「開業資金」について教えてもらいました。
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
アメリカ・ポートランドのストリップクラブがフードデリバリーサービスを開始。ダンサーがセクシーな制服で家まで食事を届けてくれる。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。