イギリスで午後9時まで「ジャンクフードの広告」が放映禁止に

7月27日、イギリス政府が新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つ肥満対策として、新たなガイドラインを発表した。これは肥満度を表す指数(BMI:ボディマス指数)が高くなるほど、感染症が悪化しやすくなるという調査をもとにした決定だ。

なかでも注目したいのは、午後9時以前のジャンクフードのテレビ広告とオンライン広告が放映禁止になった点。これらが多くの子どもたちの目に触れる可能性があるからだという。

また、オンライン広告に関しては、すべての時間において、閲覧に制限をかけるかどうかを議論する予定もあるとのこと。

ちなみに、ジャンクフードの「Buy one, Get one free(ひとつ買ったら、もうひとつタダ)」のようなキャンペーンも制限されるそうだ。

Top image: © iStock.com/zokru
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、政府を皮切りに多くの地方公共団体や企業が防御策を講じている。そんななか、イギリスのバクストン警察...
デンマークの「Simple Feast」が制作した広告ブロッカーなら、ジャンキーなネット広告を、野菜を使ったユーモラスなGIF画像に置き換えてくれる。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
「ASA(英国広告基準局)」は、化粧品の誇大広告を踏まえ、製品の効果などについてSNSに写真や動画をアップする際の加工フィルター使用を制限することを決定した。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
2021年の夏から、イギリスで新しい献血の規則が適用される。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
英KFCは、新型コロナウイルスの流行により、「Finger lickin'good」というフレーズを掲げたPRキャンペーンを一時休止する事態に至ったという。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
今年初めに公開された「パスポートランキング2020」では堂々の1位を獲得し、長い間「世界でもっとも信頼の高いパスポート」とされていた日本のパスポートだが、...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!