コロナウイルスが生んだクールなムーブメント「Run 5 Donate 5 Nominate 5」とは?

Instagramで流行っていることといえば、今だったら間違いなく「絵しりとり」でしょう。いろんなコミュニティの友だちからタグ付けされることを考えると、本当にたくさんの人が参加しているんだなと感じます。

そんななか、日本とまったく同じノリで、イギリスではクールなムーブメントが生まれています。

Run 5 Donate 5 Nominate 5」です!

5km走って、
5ポンド寄付して、
Instagramで5人をタグ付け

ムーブメントの始まりは、エディンバラに暮らすOlivia StrongさんがつくったInstagramアカウントから。

これは「Run for Heroes(ヒーローのために走ろう)」という名前で、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療従事者のためにランニングをすることを促しているんです。

5km走って、イギリスの国民保険サービスに5ポンド(約670円)寄付しよう、と。

もちろん、しっかりと“他人との距離をとること”が前提条件です。走れない場合は歩いてもいいし、5kmを完走しなくてもOK。大切なのは寄付を通して、彼らに感謝を示すことだから。

その後は、Instagramで5人の友だちをタグ付けするのが基本的なルール。「絵しりとり」と同じノリですね。

もう「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の意味は分かりましたよね? 5km走って、5ポンド寄付して、5人を指名するということです。

「Run For Heroes」のアカウントがつくられたのは3月28日。そこからグングンとフォロワーは伸びていて、4月20日時点で5万9000人以上。国民保険サービスへの寄付金は400万ポンド(約5億3700万円)を超えています。スゴい!

いま最もクールだと思うムーブメントの紹介でした。

Top image: © iStock.com/Physicx, iStock.com/sportpoint, iStock.com/13ree_design, iStock.com/blackred
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
約5,000円から支援可能です。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
「ソフトバンク」が3月27日から、第5世代移動通信システム=5Gに対応したスマートフォン4機種の提供を開始すると発表。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
世界各地に感染拡大している「コロナウイルス」の勢力をリアルタイムで可視化したマップが、「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)に...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
放送開始から50年、ほとんど再放送なしで2500話以上やってきたこと自体あっぱれ。国民的家族の日常が一日も早く戻ってきますように。
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。