スマホで光並みの高速インターネットが実現!驚異のスピード「1Tbps」

先日、NTTドコモがLTEの1.5倍のスピードとなる「PREMIUM 4G」が3月末から開始することを発表したばかり。そんな中、早くも更に高速を行く「5G」の通信テストに成功したという。

スマホでも
光回線レベルの速さが実現!?

発表を行ったサリー大学はロンドン郊外のサリー州にある総合大学で、産業や医療、社会政策に至るまで生活に直接価値をもたらす、革新的な研究に定評がある。

そしてサリー大学の中には、第5世代携帯電話「5G」の研究を目的とした機関、5Gイノベーションセンター(以下:5GIC)が設置されている。ラヒーム教授は同大学教授であり、5GICのセンター長でもある。彼は「世界で初めて5G技術を駆使した通信速度1Tbps超えの高速通信技術の開発に成功した」と発表したのだ。

「1Tbps」って
どのくらい凄いの?

ラヒーム博士はこう述べている。

「我々はモバイル通信におけるブレイクスルーとなるような技術を現在10個以上開発しており、そのうちのひとつが1Tbps超えの高速モバイル通信を可能にしました。1Tbpsという数値は光ファイバーでの通信と同じレベルですが、我々の技術ならばそれがモバイルで可能になります」

つまり、皆が手にしているスマホで光回線並みのインターネット環境が整うというのだ。NTTドコモが発表した「PREMIUM 4G」が225Mbpsなので、1Tbpsといえばその約4,400倍の通信量となるのだ。光回線並みというのも頷ける。

いつ頃、使えるの?

今回の5G通信技術は、大学内で100m離れた端末同士でテストを行った。実際の環境下で商用展開が可能かは定かになっていない。ただ、ラヒーム教授はこう続ける。

「5Gにとって重要なのは、将来どんなアプリケーションが使用されるようになるのかです。2020年や2030年にどんなアプリケーションが使用されるようになるかは分かりませんが、低レイテンシー(※レイテンシーとは待ち時間、つまり低レイテンシーとは待ち時間が少ないということ)であることが望まれるでしょう。エンド・ツー・エンドのレイテンシーを1ミリ秒未満にまで抑えられれば、我々の新技術が4Gでは実現不可能だったアプリケーションを使用可能にするかもしれません」

彼は5G技術を大々的にリリースすることよりも、将来的なスマホアプリの可能性を広げたいと考えているのかもしれない。まだまだ、進歩の余地がありそうで楽しみだ。

約20年に渡り、世界中のたくさんの人にスリリングな体験を届けている『ワイルド・スピード』シリーズ。12月26日に、Netflixオリジナルとしてそのスピン...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
2014年11月。「IEEE Xplore」に新しい通信規格「Li-Fi」のテスト結果が発表されました。なんと224ギガビットの通信速度を実現したとあり話...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
先日、「ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン」の眼科研究所のチームが加齢による視力の衰えに対して、ある行為が有効であるとの研究を発表。その内容は「1日3分...
12月12日に、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」の...
器に入った粒子はマイクロスフィアの球体。このつぶつぶの中にスマホを埋めると、4GもWi-Fiも遮断する、電磁シールドの役割をもった器です。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
トロント大学の研究者らが、自撮りするだけで血圧を測定できる技術を開発。搭載された光学センサーが血液中を流れるヘモグロビンから赤色光をキャッチして、皮下のヘ...
「ソフトバンク」が3月27日から、第5世代移動通信システム=5Gに対応したスマートフォン4機種の提供を開始すると発表。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...