割れないシャボン玉を「ランプ」で実現!虹色のプリズム光にうっとり

ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え方にも一筋ならではのこだわりよう。
この球体ペンダントライト「IRIS」も、そんな彼らのニッチなこだわりが満載です。

Iris_at_studio_1

モチーフは、ずばりそのままシャボン玉。
開発者のSebastian Scherer氏は、子どもたちの遊ぶシャボン玉に着想を得て、ほんの数秒の間、ゆらめく玉のきらめきを、いつまでも消えることのない形にキャプチャしたい、と制作を思いついたそう。

Iris_at_studio_3

Iris_at_studio_4jpg

問題は、あのゆらめく虹色をどう再現するか?Scherer氏が目を付けたのは、ダイクロイック・コーティングという技術。これは光の入射面によって、ガラス表面にさまざまな色調を生み出す効果。これにより、シャボン玉特有のプリズム光は再現できた。
さらなる問題は、これを吹きガラスの技術で、美しいシャボン玉の球体をつくり出すという作業。この研究のためにScherer氏は、吹きガラス職人と試行錯誤を繰り返し、足かけ2年の歳月をかけようやく、割れないシャボン玉の再現に成功しました。

スクリーンショット 2015-08-01 13.59.39

スクリーンショット 2015-08-01 14.00.06

有機発光ダイオード(OLED)が埋め込まれ、放射された光とその反射光も利用して、虹色に映ろうシャボン玉の表情を、見事に再現しています。

Iris_at_studio

イノベーションの裏に伝統技術あり。Scherer氏はCool Hunting」の記事内でこう、コメントを残しています。

「伝統的なクラフトマンシップと、現代の科学技術を融合させ共生させることは、まさにNeo/Craftが目指している、革新的なものづくりそのものなんです」

2014年に「レクサス・デザインアワード」、今年は「インテリア・イノベーション賞」をそれぞれ受賞した「IRIS」。この9月には、発売が予定されているそうです。

Reference : Cool Hunting
Licensed material used with permission by Neo/Craft

クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
ある研究者たちは「表面が虹色に光るチョコ」の開発に成功した。注目すべきは、虹色はコーティングではなく、特殊な「掘り込み」によって実現されている点。詳しくは...
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
バーチャルギャルモデルとして活動する「葵プリズム」が「SPINNS 渋谷109店」とコラボして生まれた「NEO渋谷センター街パーカー」が12月7日(土)に...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...