「食べられるシャボン玉」で、泡パーティーなんて楽しそう♡

スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡まみれになりながら踊る「泡パーティー」は知っている、なんて人も少なくないのでは?

そんな一大イベントを模した、オリジナルの「シャボン玉パーティー」。これを使ってやってみたい!

ぷかぷか、ぱくん。

この「Bubble Lick Edible Bubbles(バブル リック エディブル バブルズ)」は、その名の通り、食べられる泡。「エディブル フラワー」は最近よく聞くワードだけど、シャボン玉は初耳です。

専用の容器に好きなドリンクを入れて、振るだけで完成。中に入れるモノは、ジュースでもカクテルでもOKですが、牛乳は不可とのこと。

価格は容器6つ入りで12.99ポンド(約1,780円)。購入はコチラから。パーティーの予定がある人は、ぜひ使ってみて!

それにしても、泡を食べる瞬間ってどんな感覚なんでしょうね♪

Licensed material used with permission by Edible Bubbles
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
パーティースペースに約5万個もの白いボールを敷き詰め、その中でDJの音楽に合わせてダンス。今春、東京で開催された「tamapa(タマパ)」は、日本初のボー...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
本日、2015年2月22日でTABI LABOは1周年を迎えました。昨夜は、前夜祭としてパーティーを開催!本当にたくさんの方に祝っていただきました!ありが...