「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまうと思うとちょっと切なくて、そこにどうしようもなく惹かれてしまう。

これは、世界の様々なトラベルスポットをシャボン玉に映した「World in a Bubble」というプロジェクト。眺めていると、まるで知らない世界を旅するようなワクワクした気分になるんです。

360度の景色が輝く

人々で賑わうポーランドの「ネプチューンの噴水」。

球体の中で絶景が広がる「ガイランゲルフィヨルド」は、ノルウェーの世界遺産。

ポーランドのグダニスクにある「オールドタウン」は、不思議な色合いに。

ニューヨークの「タイムズスクエア」は、シャボン玉の中でもキラキラと輝き続ける。

虹色に包まれる「ブロードウェイ」は、別の世界のよう。

デンマークの「コペンハーゲンの風車」は、グルグルと泡の中を回っているみたい。

太陽の光が柔らかく包み込むベルリンの「ブランデンブルク門」。

迷宮への入り口のような「Dimmick Memorial Library」という、アメリカの図書館。

アメリカで活躍するフォトグラファーTom Stormさんによるこのシリーズ。初めて撮影したのは、アイルランドの「ゴールウェイ」という都市だったそうです。そこから、様々な景色をどのくらいシャボン玉に反映できるかという「探求の旅」がスタートしました。

彼の撮った景色の美しさはもちろん、ふわふわ浮かぶ泡の世界は、すぐに消えてしまうところも魅力的です。

Licensed material used with permission by Thomas Storm
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
オーストラリアの富豪Matthew Lepre氏が募集している“ある仕事”が注目を集めている。その仕事とは「彼の旅行に帯同して、スマホで写真を撮ること」。...
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
「アディダス」の洗って繰り返し使えるマスク「adidas FACE COVER(アディダス フェイスカバー)」が日本上陸。8月7日より、アディダス直営店で...
米ウィスコンシン州のウォーソー(Wausau)では「雪合戦」が条例で禁止され、違反すると罰金が科される可能性も。その町では「雪玉」は危険物と同じ扱いらしい...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...