「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまうと思うとちょっと切なくて、そこにどうしようもなく惹かれてしまう。

これは、世界の様々なトラベルスポットをシャボン玉に映した「World in a Bubble」というプロジェクト。眺めていると、まるで知らない世界を旅するようなワクワクした気分になるんです。

360度の景色が輝く

人々で賑わうポーランドの「ネプチューンの噴水」。

球体の中で絶景が広がる「ガイランゲルフィヨルド」は、ノルウェーの世界遺産。

ポーランドのグダニスクにある「オールドタウン」は、不思議な色合いに。

ニューヨークの「タイムズスクエア」は、シャボン玉の中でもキラキラと輝き続ける。

虹色に包まれる「ブロードウェイ」は、別の世界のよう。

デンマークの「コペンハーゲンの風車」は、グルグルと泡の中を回っているみたい。

太陽の光が柔らかく包み込むベルリンの「ブランデンブルク門」。

迷宮への入り口のような「Dimmick Memorial Library」という、アメリカの図書館。

アメリカで活躍するフォトグラファーTom Stormさんによるこのシリーズ。初めて撮影したのは、アイルランドの「ゴールウェイ」という都市だったそうです。そこから、様々な景色をどのくらいシャボン玉に反映できるかという「探求の旅」がスタートしました。

彼の撮った景色の美しさはもちろん、ふわふわ浮かぶ泡の世界は、すぐに消えてしまうところも魅力的です。

Licensed material used with permission by Thomas Storm
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...